個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

投稿日:2017年7月6日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。某名探偵アニメに採用された曲以外にも素敵な曲がたくさんありますよ!

今回は、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の7曲目、『Mysterious Eyes』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

face

『Mysterious Eyes』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名Mysterious Eyes
演奏時間4:30
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『GARNET CROW』の記念すべき1stシングル。

アニメ”名探偵コナン”の主題歌になったことから、“Mysterious”という単語を曲名に入れたのかなと思ったり。

『Mysterious Eyes』収録アルバム

アルバム名トラック#
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜7
Best (Disc 1)2
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)1
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)1
GARNET CROW REQUEST BEST (DISC 2)7

オリジナルアルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の7曲目に収録。

様々なベストアルバムにも顔を出しています。

※『Mysterious Eyes』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GARNET CROW』らしく、丁寧に作りこまれた1曲。そして、私の感想としては、“もどかしい曲”です。

何がもどかしいって、サビが盛り上がり切らないところです。

歌メロはサビらしい感じなんですけど、バックの演奏が、歌のテンションについて行ってない気がするんですよね。

歌メロと歌メロの間に割と休符があるんで、その合間をバックの演奏で埋めるかと思いきや、地味にピアノがポロポロなる程度。それが…もどかしい

…うん、もどかしいんですが、それが本作『Mysterious Eyes』の魅力なんでしょうね。このもどかしさが、“何か物足りない、もう一度聴いてみようかな”って気にさせてくれます。

『Mysterious Eyes』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/太陽のKomachi Angel

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Suck me!

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LAMENTABLE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】hide/D.O.D. [DRINK OR DIE]

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/成龙很酷

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。