個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/Liar! Liar!

投稿日:2019年6月27日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『Liar! Liar!』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

activities

『Liar! Liar!』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名Liar! Liar!
演奏時間3:23
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 徳永暁人

23rdシングルのA面曲。

『Liar! Liar!』収録アルバム

アルバム名トラック#
SURVIVE4
B’z The Best “Treasure”4
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC2)10

オリジナルアルバム『SURVIVE』の4曲目に収録。

※『Liar! Liar!』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ノリの良さが気持ちいい楽曲、『Liar! Liar!』。

BPMはそこまで速いわけではないのですが、要所要所で縦を合わせるリズムと、粒の細かい楽器の音が気持ちいいノリを生み出しています。

『Real Thing Shakes』や『FIREBALL』といった濃いバンドサウンドの流れを汲みつつも電子音が積極的に取り入れられているのが本作『Liar! Liar!』の特徴ですかね。

“生音ギター+打ち込み”というのはデビュー当時の『B’z』らしく、ある種”原点回帰”的な音の組み合わせですが、当時に比べるとやはり本作『Liar! Liar!』はバンドサウンドの比重が多めかなという感じがします。

そして本作『Liar! Liar!』はなんといっても言葉とメロディーの組み合わせが最高ですね。

曲名にもついている「liar」という言葉、「liar」と同じ韻を踏む日本語、それらを上手く散りばめたサビは一発で覚えてしまうほどキャッチーです。もちろん単なる韻を踏んだ言葉遊びに終わらず、「liar(嘘つき)」という意味通り、少々皮肉の混じった世界観も聴いていてスカッとする気持ちがします。

本作『Liar! Liar!』、サウンドと歌詞の両面でノリの良さを追求した珠玉の1曲だと思います。

『Liar! Liar!』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Oh! Golden Boys

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】hide/ever free

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/DEMO、恋はサーカス

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/My Diamond

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ユレルカレル

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。