個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/ring

投稿日:

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。

キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生み出したバンドです。

なお、ボーカルのyasuはソロプロジェクト『Acid Black Cherry』にて現在も活躍中。

今回は、アルバム『D・N・A』の11曲目、『ring』のレビューです。

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

『ring』の全体概要

基本情報

アーティストJanne Da Arc
曲名ring
演奏時間4:10
作詞ka-yu
作曲ka-yu & yasu
編曲ka-yu & Janne Da Arc & 明石昌夫

アルバム『D・N・A』収録曲の中で唯一yasu以外が作詞を担当している楽曲。

『ring』収録アルバム

アルバム名トラック#
D・N・A11

オリジナルアルバム『D・N・A』の11曲目に収録。

※『ring』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ベーシストのka-yuが作詞した楽曲『ring』。

インディーズ時代にリリースされた3つのミニアルバム収録曲はどれもボーカルのyasuが作曲していましたので、yasu以外のメンバーが作詞を担当した『Janne Da Arc』の音源というのは本作『ring』が初ということになります。

本作『ring』、yasuが作詞でないためか、この楽曲にはいつものチャラさはありません。曲名通り「銀のリング」にまつわる内容になっており、別れを歌いながらも前を向こうとする清々しさのある楽曲です。

ただ、あくまで私の感想ですが、良く言えば正統派な、悪く言えばありきたりな歌詞という印象。

“これは『ring』でしか聴けない!”という特別なフレーズはないものの、”歌詞の意味わからない…”というところもないので、耳当たりは悪くないかなという感じです。

また、歌メロは相変わらずキャッチー

サビのボーカルにハモリやコーラスは入っていませんが、メロディーの抑揚だけでサビだとわからせるキャッチーさがあります。

スピード感のあるバンドサウンドと当たり障りのない歌詞(失礼?)の組み合わせも相まって、とても聴きやすい1曲だと思います。

クセの無さという意味では、本作『ring』がアルバム『D・N・A』収録曲の中で随一ではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『ring』収録アルバムレビューリンク

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ALRIGHT

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STEAL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/POWER OF LOVE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】B’z/BLOWIN’

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。