個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/RED ZONE

投稿日:

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。

キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生み出したバンドです。

なお、ボーカルのyasuはソロプロジェクト『Acid Black Cherry』にて現在も活躍中。

今回は、アルバム『D・N・A』の10曲目、『Lunatic Gate』のレビューです。

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

『RED ZONE』の全体概要

基本情報

アーティストJanne Da Arc
曲名RED ZONE
演奏時間4:16
作詞yasu
作曲yasu
編曲yasu & Janne Da Arc & 明石昌夫

1stシングル。

『RED ZONE』収録アルバム

アルバム名トラック#
D・N・A10
SINGLES (Disc1)1

オリジナルアルバム『D・N・A』の10曲目に”Album Mix”で収録。

※『RED ZONE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Janne Da Arc』の記念すべきメジャーデビューシングルが本作『RED ZONE』。

最初のリリースは1999年5月ですが、その約2年後の2001年6月にはカップリング曲が1曲追加された再販版がリリースされています。

本作『RED ZONE』、メジャーデビューシングルというだけあって『Janne Da Arc』お得意の派手なサウンドががっつり盛られた、濃い聴き心地の1曲となっています。

かっこいいのは間違いないのですが、アラサーの私にはこの濃いサウンドにちょっと胸焼けしそうになることがあります 笑。

若い頃は平気だったんですけどね…。

あと、本作『RED ZONE』は歌詞が難解という印象があります。

これは、歌詞中に使用されている言葉が難しいというわけではなく、曲中で描かれる人間関係が複雑すぎてよくわかんないという感じです。

特に、2番Bメロの歌詞はまるまる意味がわかりません。恋人同士になりたいようなことを匂わせておきながら、「別れの言葉は必要ない」と言われて憤慨しています。

この辺の心情が”どういうこと?”って思います。もう少し言えば、”どういう関係だとこういう心情になるの?”という方が正しい感想でしょうか。

初めて『RED ZONE』を聴いた中学生の時もよくわかんなかったですし、アラサーになった今でもわからないままです。

Amazonで試聴できます。

『RED ZONE』収録アルバムレビューリンク

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ROSIER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】hide/50% & 50%

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/wonder land

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/いばらの涙

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。