個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/花葬

投稿日:2017年10月23日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『花葬』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

snowflake

『花葬』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名花葬
演奏時間5:13
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

11thシングル。

『HONEY』、『浸食 〜lose control〜』と合わせて3作同時にリリースされたシングルの一つです。

『花葬』収録アルバム

アルバム名トラック#
ray7
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20004
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 3 ken best)1
TWENITY (1997-1999)8

オリジナルアルバム『ray』に収録。

初のベストアルバム『Clicked Singles Best 13』にこそ収録されていませんが、その他のベストアルバムでは常連のようです。

※『花葬』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

幻想的で耽美的な1曲、『花葬』。

恋愛をテーマにしたわけでもなく、誰かを勇気づける前向きな内容でもなく、スピードを伴う疾走感があるわけでもなく、正直売れそうな要素を持たない曲

それにもかかわらず、本作『花葬』をシングルとしてリリースし、きっちりミリオンヒットさせてしまうところがラルクの恐ろしいところ…。

いや、かっこいい曲なんですよ、『花葬』。でも、ミリオンヒットするほど大衆向けじゃないと思うんですよね。当初は『HONEY』のカップリング曲候補だったらしいですし。

とにかく、『花葬』の持つ、この商業的記録に1998年のラルクの勢いを改めて感じる次第です。

本作『花葬』、曲名通り”死”をテーマにした楽曲になっています。

ラルクと言えば“空への落下”を歌うことが多いイメージがあるんですが、『花葬』はその正反対、“大地への帰還”を歌っていることになります。

普段とは真逆の内容ということですが、”空への落下”も”大地への帰還”も、幻想的で耽美的ということには変わりません。どちらもhydeの言葉でラルク独特の世界観を描き出している点が魅力です。

“死”をテーマにした曲は様々あると思いますが、その多くは”残された者が亡き者に対して抱く想い”に視点を当てている印象があります。

一方、本作『花葬』は、“まさに死の瞬間”を切り取っており、絵画的なおもしろさを感じます。この視点が、”死”をテーマにした本作『花葬』に耽美さを感じる理由なのかもしれません。

Amazonで試聴できます。

『花葬』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】B’z/太陽のKomachi Angel

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/四角革命

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Love Homme

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】GLAY/月に祈る

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。