個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/S・A・D

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『S・A・D』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『S・A・D』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名S・A・D
演奏時間3:09
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 佐久間正英

2ndシングル『ICE MY LIFE』のカップリング曲。

『S・A・D』収録アルバム

アルバム名トラック#
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】3
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)2

カップリング曲ながら、いくつかのベストアルバムに収録されています。

※『S・A・D』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

2ndシングル『ICE MY LIFE』のカップリング曲である本作『S・A・D』。

後に清春が『SADS』という本作と似た名前のバンドを結成しますが、おそらく曲名とバンドには何の関係もないものと思われます。

2ndシングルA面の『ICE MY LIFE』が聴きやすい歌モノであったのに対し、カップリング曲の本作『S・A・D』はかなり攻撃性の高いパンクな作品に仕上がっています。

この”一般受けしそうなA面”と”一般受けしなさそうなカップリング”という組み合わせは、1stシングルの『for dear』と『& Die』の関係と同じですね。

『黒夢』の”攻撃性の高いパンクな楽曲”というと、活動停止前のアルバム『CORKSCREW』辺りを思い浮かべるところでしょうか。

確かに本作『S・A・D』もアルバム『CORKSCREW』も攻撃性の高さという点では共通しています。

しかし、どちらも『黒夢』というバンドの攻撃的な作品とは言え、リリース時期が異なる『S・A・D』と『CORKSCREW』収録曲とでは、やはり聴き心地は異なります。もちろん、サウンドの洗練度という意味でも異なるのですが、攻撃性の種類という面でそれぞれに大きな違いを感じます。

乱暴に表現すると、『CORKSCREW』は“反抗期の少年のような攻撃性”、『S・A・D』は”エログロ的世界観”をベースとした“サディズム的な攻撃性”と言ったところでしょうか。

さらに乱暴に表現すると、『CORKSCREW』は“ヤンキー受けする攻撃性”、『S・A・D』は“キレたら怖いタイプのオタクに受ける攻撃性”と言えるかもしれません。…言えないか 笑。

ただ、『S・A・D』のようなデビュー当初の『黒夢』と『CORKSCREW』をリリースしたような活動停止前の『黒夢』とではリスナーの層がけっこう違うんじゃないかとは思っています。

それくらい、それぞれの攻撃性の種類が違います。

Amazonで試聴できます。

『S・A・D』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/仮面劇

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/東京ハチミツオーケストラ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/忙しくてよかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/wonder land

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。