個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/COMICAL

投稿日:2020年1月25日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『COMICAL』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『COMICAL』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名COMICAL
演奏時間4:36
作詞清春
作曲清春 & 人時
編曲黒夢

6thシングル『SEE YOU』のカップリング曲その1。

『COMICAL』収録アルバム

アルバム名トラック#
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)6

※『COMICAL』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『COMICAL』という曲名通り、どことなくコミカルな雰囲気の漂うイントロが印象的な1曲。

“裏拍でリズムを刻むギター”と”動き回るベースのリフ”を組み合わせたイントロで、文字にしてしまうと普通にかっこよさそうなんですけどね。リズムギターの音色のせいか、はたまた私が曲名にとらわれすぎているだけなのか、やっぱりコミカルな聴き心地のするイントロに感じます。

それから、ボーカルにかかったリバーブの深い感じが一昔前の歌謡曲っぽいです。この歌謡曲テイストは6thシングル『SEE YOU』のもう一つのカップリング曲『KISS』でも感じられますね。

実験的な楽曲をカップリングに収めている印象のある『黒夢』ですので、6thシングルでは歌謡曲テイストの『黒夢』を試していたのかもしれません。

ただ、7thシングル以降、本作『COMICAL』や『KISS』のような歌謡曲風の楽曲はパッタリといなくなってしまったので、実験の結果は芳しくなかったのかな…。

確かに、アルバム『feminism』収録曲『くちづけ』を再アレンジした『KISS』の方はともかく、本作『COMICAL』はけっこう印象の薄い楽曲です。

カップリング曲が収録されている『黒夢コンプリート・シングルズ』のB-discの中でも、本作『COMICAL』をサーチして聴くことはほとんどないというのが正直なところだったりします。。。

Amazonで試聴できます。

『COMICAL』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きがい

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/親知らず

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/GOOD DAYS

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/L’heure

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。