個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/BABY GLAMOROUS

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『BABY GLAMOROUS』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『BABY GLAMOROUS』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名BABY GLAMOROUS
演奏時間4:36
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 佐久間正英

5thシングル『BEAMS』のカップリング曲。

『BABY GLAMOROUS』収録アルバム

アルバム名トラック#
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)5

※『BABY GLAMOROUS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『feminism』で『黒夢』初のオリコンチャート1位を獲得し、その後リリースされた最初のシングルが5thの『BEAMS』。

本作『BABY GLAMOROUS』はそんな節目のタイミングでリリースされた5thシングル『BEAMS』のカップリング曲になります。

この楽曲については、なんと言っても『BABY GLAMOROUS』という吹っ切れたかのような直球ロックンロール的曲名が印象的です。

というのも、これまでの『黒夢』は、”陰鬱”、”エログロ”、”悲哀”といったアンダーグラウンドなテーマの楽曲が多く、直球ロックンロール的路線とは少し距離を置いていたようなスタイルだったのです。直球ロックンロールの持つ、ある種の能天気な明るさは『黒夢』のイメージと合わないと判断されていたのではないかと思っています。

そんな『黒夢』ですが、おそらく、比較的ポップ路線に寄ったアルバム『feminism』での成功が大きかったのでしょう。これまでのイメージには無かった直球ロックンロール的名前を授けられた本作『BABY GLAMOROUS』が世に出ることとなります。

そして、その後にリリースされるアルバム『FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』以降、ロックンロール路線はむしろ『黒夢』のメインとも言える作風へと変わっていきます。

そう考えると、カップリング曲という地味なポジションながらも、本作『BABY GLAMOROUS』は『黒夢』の歴史における節目の楽曲の一つと言えるかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『BABY GLAMOROUS』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/僕クエスト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ここだけの話

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。