個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/DANCE 2 GARNET

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『DANCE 2 GARNET』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『DANCE 2 GARNET』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名DANCE 2 GARNET
演奏時間4:44
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

インディーズアルバム『亡骸を…』収録が初出。

その後”toy version”としてリメイクされたバージョンが4thシングル『Miss MOONLIGHT』のカップリング曲として収録されました。

『DANCE 2 GARNET』収録アルバム

アルバム名トラック#
亡骸を…3
KUROYUME COMPLETE RARE TRACKS 1991-1993 〜インディーズ全曲集〜 (Disc 2)9
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)4

インディーズアルバム『亡骸を…』の3曲目に収録。

『黒夢コンプリート・シングルズ』には4thシングル『Miss MOONLIGHT』のカップリングとなった”toy version”が収録されています。

※『DANCE 2 GARNET』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

一定のリズムで上下するメロディアスなイントロのギターが印象的な1曲。

本作『DANCE 2 GARNET』の「DANCE」な部分を感じられるフレーズだと思います。

上述のイントロもそうですが、本作『DANCE 2 GARNET』は『黒夢』のインディーズ時代作品の中ではかなりキャッチーな作品ですよね。

『黒夢』のインディーズ時代の作品は”なんじゃこりゃ”と思えるほど風変わりでバイオレンスな楽曲だったり、ただただ暗くて陰鬱な楽曲だったりが多いので、本作『DANCE 2 GARNET』が相対的にも非常にキャッチーに聴こえます。

そんなキャッチーさが再評価されたのか、メジャーデビュー後も4thシングル『Miss MOONLIGHT』のカップリングに”toy version”で収録されています。

ところで、サブタイトルについている”toy version”の”toy”ってなんでしょうね。

インディーズ版とは異なり、”toy version”の『DANCE 2 GARNET』で聴けるドラムが打ち込みっぽいので、このちゃちな感じを指して”toy(おもちゃ)”と名付けたのかな…なんて私は思っています。

Amazonで試聴できます。

『DANCE 2 GARNET』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/BLUE SKY COMPLEX

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/とび魚のバタフライ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ハルシオン

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。