個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/No limit

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

初期ELTサウンドを支えた五十嵐充は2000年にELTを脱退。その後、『day after tomorrow』のプロデューサーとして再び活躍を始めます。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『No limit』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

『No limit』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名No limit
演奏時間4:19
作詞持田香織
作曲D・A・I
編曲村田昭

アルバム『4 FORCE』収録曲の中で桑島幻矢が編曲に携わっていない唯一の楽曲。

作曲を担当したD・A・Iは『浜崎あゆみ』のミリオンシングル(『SEASONS』や『Boys & Girls』等)の作曲も手掛けていたヒットメーカーです。

『No limit』収録アルバム

アルバム名トラック#
4 FORCE9

4thアルバム『4 FORCE』の9曲目に収録。

※『No limit』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『No limit』について、まず気になるのはサビのメロディーです。

とにかく、『Belinda Carlisle』の『Heaven Is A Place On Earth』そっくり

『Heaven Is A Place On Earth』は80年代アメリカの楽曲です。けっこう古い楽曲ですが、ものすごく有名な曲なので誰しも一度は聴いたことがあるでしょう。

この『Heaven Is A Place On Earth』の一番印象的なメロディー(「Ooh, baby do you…」のところ)と『No limit』のサビが本当にそっくりなのです。『No limit』を聴いていると、サビに差し掛かるところでどうしても『Heaven Is A Place On Earth』が頭をちらついてしまいます 笑。

サビのメロディーは上述の通りなわけですが、アレンジまではさすがに似ていません 笑。

メロディーの印象深さに引きずられますが、むしろ本作『No limit』の魅力は浮遊感のあるアレンジの方だと思います。

フワッとしたシンセ音とはっきり輪郭を刻むリズム隊がこの浮遊感を生み出しているのでしょう。歌詞に出てくる「天使」とか「羽」というワードとも見事にシンクロしています。

本作『No limit』、ELTにしては珍しい種類の曲調ですが、個人的にはアルバム『4 FORCE』の中で1位、2位を争うほどのお気に入りです。

Amazonで試聴できます。

『No limit』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PEDRO/ゴミ屑ロンリネス

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/逃れの町

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】hide/EYES LOVE YOU

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Stars

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。