個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/真実と幻想と

投稿日:2018年1月5日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『真実と幻想と』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

book

『真実と幻想と』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名真実と幻想と
演奏時間5:22
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

『真実と幻想と』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark9
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 3 ken best)5
TWENITY (1997-1999)13

オリジナルアルバム『ark』の9曲目に収録。

『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』にはken作曲の代表曲として収録されています。

※『真実と幻想と』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ラルクの6thシングルに『Lies and Truth』という楽曲があります。こちら、直訳すれば”嘘と真実”という意味。本作『真実と幻想と』に似た曲名なのですが、作曲者がどちらもkenであること以外、『Lies and Truth』と『真実と幻想と』との間に関連は無さそうです。

ちなみに、『真実と幻想と』に使われている”真実”という言葉ですが、”幻想”との対比であることを考えると、英単語で言えば”Truth”ではなく、”現実”という意味を持つ“Reality”の方が近いかもしれません。曲名をまるごと英訳すれば、”Reality and Fantasy”といったところでしょうかね。

本作『真実と幻想と』、アルバム『ark』収録の非シングル曲の中ではベストアルバム収録回数が多く、アルバム『ark』の目玉作品的な立ち位置なのかもしれません。

特に、名曲を量産してきたkenが、自身の作曲した楽曲から選んで作成するベストアルバム『QUADRINITY』に本作『真実と幻想と』を採用していることからも、それが伺えます。

確かに、ピアノとバンドサウンドがシリアスに絡み合う楽曲で、ラルクの持つ幻想的なロックバンドというイメージを象徴している感じもします。

個人的には、アルバム『ark』はシングル曲が目立つ作品だという印象を持っていますが、本作『真実と幻想と』はアルバム『ark』の中でも聴きごたえのある非シングル曲の一つだと思っています。

Amazonで試聴できます。

『真実と幻想と』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/glory colors 〜風のトビラ〜

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IMITATION

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/逃れの町

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ベニクラゲ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。