個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ANUBIS

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『ANUBIS』のレビューです。

 

photography

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 ANUBIS
演奏時間 4:01
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
EDEN 5

オリジナルアルバム『EDEN』の5曲目に収録。

 

レビュー

妖しい…!実に妖しい…!妖しすぎて…まぶしい…!

言葉では形容のしがたいこの妖しさは本作『ANUBIS』特有ですね…。個性爆発バンドの『LUNA SEA』と言えど、他に本作『ANUBIS』のような雰囲気を持った楽曲はなかなかありません。

 

縦横無尽に、でも、決して乱暴ではなく、むしろ妖艶に暴れまわるギターが本作『ANUBIS』の妖しさの源であり、この楽曲の聴きどころではないでしょうか。

サビでも歌が埋もれること構わずに目立ちまくるギターには潔さすら感じます 笑。

 

それから、ギターほど強烈に耳に響いてはきませんが、ドラムのリズムパターンも独特ですね。本作『ANUBIS』では、ドドドッパパッというパターンをリズムマシーンのごとく終始繰り返しています(伝わりづらい)。

こういう打ち込みっぽいリズムも『LUNA SEA』にしては珍しい感じがします。

 

本作『ANUBIS』、自分たちが撮影される様子を歌った楽曲なのだと何かで聞いたことがあります。

なるほど、それを頭の片隅に置いて歌詞を眺めてみれば、確かに納得がいきます。

サビに出てくる「〇された…」という物騒なワードも、写真として切り取られた自分たちのことを比喩しているのでしょう。写真という一枚の紙の中で時間が止まったかのように佇む自分たちを”死体”と見立てるのなら、たしかに撮影という行為は”〇す”ことと言えそうです。

さらに、タイトルになっている『ANUBIS』とはエジプト神話における冥界の神ですので、上記になぞらえて考えるなら、『ANUBIS』=カメラマン(撮影による死刑執行人)ということになりますね。

 

『ANUBIS』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/天道虫

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/プライマル。

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】GLAY/電気イルカ奇妙ナ嗜好

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。