個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、活動が再開され現在に至ります。

ちなみに、1994年は『黒夢』の他に『GLAY』や『L’Arc〜en〜Ciel』がメジャーデビューを果たした年でもあります。

今回は、『黒夢』の楽曲、『白と黒』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『白と黒』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名白と黒
演奏時間5:27
作詞清春
作曲清春 & 佐久間正英
編曲黒夢 & 佐久間正英

『白と黒』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism7

アルバム『feminism』の7曲目に収録。

※『白と黒』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“愛されているのか不安”という気持ちを歌った1曲『白と黒』。

「君」のことをものすごく愛しているのは伝わってきますが、なかなかに重い表現が使われています。「君」がいないだけで体調が悪くなるそうですし、本作『白と黒』の感想を端的に言うと、男のメンヘラって感じです 笑。

本作『白と黒』、約5分半程度の尺がありますが体感的には半分くらいセリフパートという印象。

上述の男メンヘラ臭漂うセリフが、無気力に、それでいてどこか辛そうに長々と語られます。

ただ、決して本作『白と黒』のセリフパートが退屈というわけではありません。

セリフのバックで流れるサウンドが良い意味で『黒夢』っぽくないおしゃれさがあり、思ったよりサラッと聴き続けられます。

落ち着いた大人っぽさと言うんですかね。淡々としたリズム隊と、クリーントーンのギターの音色がおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

また、アルバム『feminism』の流れ的にもキャッチーな曲が続いてきたところなので、この辺りで本作『白と黒』のような一風変わった楽曲による味変えがいいアクセントになっているように思います。

退屈な長尺バラードで流れを誤魔化されるより、こういった変化球を投下される方が聴いていて楽しいですしね。

正直なところ個人的にはセリフの多い楽曲はあまり好みではありませんが、アルバム『feminism』を聴いていると、ついつい本作『白と黒』は聴き入ってしまいます。

もちろんそれは本作『白と黒』のクオリティの高さというのもあるのでしょうが、それに加え、この楽曲が登場する曲順が絶妙だからなんじゃないかな…と思う次第です。

Amazonで試聴できます。

『白と黒』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/月下の夜想曲

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HIT THE WORLD CHART!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Subjective Late Show

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ミドリ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。