個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/パトス

投稿日:2017年9月2日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『パトス』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

old-age

『パトス』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名パトス
演奏時間0:51
作詞
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

インスト曲のためか、演奏時間は1分未満となっています。

『パトス』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アルバム1

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の1曲目収録です。

※『パトス』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“感情的、熱情的な精神”を意味する言葉、『パトス』。

インスト曲なので、歌詞はありませんが、鬼龍院翔の叫び(というか呻き?)で曲名に違わぬ『パトス』を感じられる1曲です。バックで流れるアドリブ風のピアノにも狂気の香りが漂います。

オリジナルアルバム1曲目にインスト曲を配置っていうのは、やはり『X JAPAN』や『MALICE MIZER』の影響でしょうかね。『BLUE BLOOD』も『Jealousy』も『merveilles』も、1曲目にインスト曲が収録されていますので。

アルバム1曲目にインストを持ってくるのって、作り手のこだわりが感じられて結構好きです。既存曲の寄せ集めでアルバムを作るのではなくて、一つの作品としてアルバム制作に取り組んでいるのが伝わってくる気がして。

まぁ、聴き慣れてきたらインスト曲は飛ばすようになるんですけど 笑。

それから、アルバム1曲目ってアルバム全体の方向性を印象付ける性格があると思っています。そういう観点で見ると、この『パトス』は非常に暗く、本作を収録している『ゴールデン・アルバム』の第一印象もそこに引きずられそうです。『女々しくて』のようなパーティソング系が『ゴールデンボンバー』のイメージでいると、アルバム全体に対して割と大きなギャップを感じるのではないでしょうか。

ただ、終始聞こえる鬼龍院翔の呻きがちょっとコメディっぽくもあるので、そこに『ゴールデンボンバー』らしさを感じることはできます。本人はいたって真面目に呻いていると思いますが 笑。

Amazonで試聴できます。

『パトス』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/口唇

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dedicate (Instrumental)

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/VERMILION HANDS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。