個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FOREVER & EVER

投稿日:2018年12月15日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本のロックシーンに歴史的1ページを刻み込みました。活動再開後も、こうした形で『LUNA SEA』の活躍を見られるのは嬉しいですね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『FOREVER & EVER』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

eye

『FOREVER & EVER』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名FOREVER & EVER
演奏時間10:28
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

演奏時間10分を超える大作。

アルバム『STYLE』収録曲の中で本作『FOREVER & EVER』が最も演奏時間の長い楽曲になります。

『FOREVER & EVER』収録アルバム

アルバム名トラック#
STYLE6
SLOW11

メジャー4thオリジナルアルバム『STYLE』の6曲目に収録。

※『FOREVER & EVER』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間10分を超える大作スローバラードが本作『FOREVER & EVER』。

長い間『LUNA SEA』の楽曲の中で演奏時間最長の作品でしたが、再結成後にリリースされた『THE ONE -crash to create-』が異常な大作のため(23分弱)、現在は大きく差を付けられています。

本作『FOREVER & EVER』、10分を超える大作ですが、長尺楽曲にありがちな”異なる2曲を切り貼りした作り”…にはなっていません。しっかりと最初から最後まで同じ”スローバラード”という曲調のまま10分間を貫きます。

…これが、本作『FOREVER & EVER』、ひいては『LUNA SEA』のすごいところです!

長尺楽曲が異なる2曲を切り貼りした作りになってしまうのは、そうしないと1曲で10分も持たないからだと思うのです。同じようなことを10分も繰り返してたら、普通リスナーは飽きてしまう。なので、1曲の中でスピードを上げたり落としたり、曲調を途中でガラッと変えたり戻したり…結果、異なる2曲を切り貼りしたような作りになると。

しかし、本作『FOREVER & EVER』は違います。同じ曲調で10分間リスナーに聴かせ続けられるのです。10分を超える大作スローバラードとは言いながらも、あっという間の聴き心地。『LUNA SEA』のバンドアンサンブルだからこそ成せるワザでしょう。

本作『FOREVER & EVER』、壮大でありながら退屈とは無縁な10分間を堪能できる1曲です。

『FOREVER & EVER』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/利己的な遺伝子

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/気になるあの娘

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SPARK

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/goodbye and good luck

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。