個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/また君に番号を聞けなかった

投稿日:2019年5月17日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『また君に番号を聞けなかった』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

millennial

『また君に番号を聞けなかった』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名また君に番号を聞けなかった
演奏時間4:39
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

2010年8月に配信され、同年10月に9thシングルとしてリリースされました。

『また君に番号を聞けなかった』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜2

『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の2曲目に収録。

※『また君に番号を聞けなかった』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『ゴールデンボンバー』らしく、キャッチーなメロディーに自虐的な歌詞を載せた女々しい作品、『また君に番号を聞けなかった』。

2010年リリースの楽曲なのですが、今聴いてみると、曲名といい歌詞の内容といい、もはや前時代的なワードで埋め尽くされていることに時の流れの速さを感じます。

取り合えず、のしたんがかわいい

LINE等のSNSがコミュニケーション手段として代替されてしばらく経ちますが、2010年当時はやはり「電話番号」を交換するとか、キャリアメールアドレスを交換するとか、そういったことが気になる人とお近づきになる上で重要なイベントでした。本作『また君に番号を聞けなかった』の内容がこんなにも早く”過去のもの”になってしまうとは…当時は思いもしませんでしたよ。

それから、最後の叫びに出てくる「赤外線受信部」に関するキリショー渾身のギャグも、今の高校生くらいの人が聴いたら”なんのこっちゃ?”って感じですよね。アラサー世代の我々なら“懐かしいこと言ってるな”という、当時とは異なる方向の笑いで受け入れられますが 笑。

ということで、やたらと重箱の隅をつつくようなことを書いてしまいましたが、本作『また君に番号を聞けなかった』で歌われている葛藤の姿そのものは、時代が進んでも変わらないはず。

この先、例えLINEが廃れてまた新しいコミュニケーション手段が生まれたとしても、本作『また君に番号を聞けなかった』が描く”滑稽でありながらも情熱に溢れる様子”に共感する人は絶えず現れ続けるでしょう。

Amazonで試聴できます。

『また君に番号を聞けなかった』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】B’z/love me, I love you

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/女子たちに明日はない

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE FIRST CRY IN HADES (GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君という光

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。