個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ふしぎデカルト

投稿日:2017年9月19日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『ハイファイ新書』の3曲目『ふしぎデカルト』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

halloween

『ふしぎデカルト』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名ふしぎデカルト
演奏時間3:32
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

曲名に出てくる”デカルト”とは、数学者のルネ・デカルトのことですかね。

『相対性理論』というバンド名らしく(?)、理系ワードの登場です。

『ふしぎデカルト』収録アルバム

アルバム名トラック#
ハイファイ新書3

『ハイファイ新書』の3曲目に収録されています。

※『ふしぎデカルト』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『ふしぎデカルト』という曲名がついていますが、”デカルト”というワードは歌詞中に出てこず、内容は「心霊現象」を歌ったものになっています。

なぜ「心霊現象」に関係のなさそうな『ふしぎデカルト』という曲名をつけたのか。もう少し言えば、”デカルト”と”心霊現象”、いったいどういう関係があるのか、私なりに解釈してみました。

デカルトは数学者なのですが、彼が確立させた概念の一つとして、“直交座標系”(またの名を”デカルト座標系”)が有名です。

中学校の数学で出始める、x軸(横)とy軸(縦)を直交させて、2次元平面を表現するっていうあれです。わざわざ”直交座標系”だとか”デカルト座標系”だなんて授業では呼びませんが、実はこんな名前がついているんですね。

で、x軸(横)とy軸(縦)を直交させてできた2次元平面に対して、さらに直交するよう、z軸(高さ)を加えると、私たちの存在する3次元空間が表現できるようになります。

この3次元空間、2次元平面と見た目はかなり変わりますが、定義上は”デカルト座標系”には変わりありません。

ここで『ふしぎデカルト』に戻ります。

この『ふしぎデカルト』という言葉は、“私たちの住む3次元空間デカルト座標系で表現できない不思議もの”を意味しているのではないでしょうか。

そう、つまり…「心霊現象」

『ふしぎデカルト』という曲名、楽曲の内容にまったく関係のない言葉かと思いきや、何のことは無い、曲中に繰り返し出てくる”心霊現象”をそのまま指していたのです!

うん、間違いない!Q.E.D.!

Amazonで試聴できます。

『ふしぎデカルト』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ルネサンス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/情熱の影―Silhouette―

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Sweet & Sweet

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】B’z/BLOWIN’

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。