個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Vivid Colors

投稿日:2019年3月18日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

 

今回は『Vivid Colors』の個別楽曲レビューです。

 

train

全体概要

基本情報

アーティスト L’Arc〜en〜Ciel
曲名 Vivid Colors
演奏時間 4:46
作詞 hyde
作曲 ken
編曲 L’Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira

2ndシングル。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
TWENITY (1991-1996) 7
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-1998 3
heavenly 2

オリジナルアルバム『heavenly』の2曲目に収録。

 

レビュー

アルバム『heavenly』唯一の先行シングルが本作『Vivid Colors』(ビデオシングルという特殊な形態を含めれば『and She Said』もカウントされるので、本作『Vivid Colors』が唯一とはなりませんが)。

 

本作『Vivid Colors』で印象的なのは、イントロや間奏などで聴ける、サビと同じメロディーをギターでなぞる奏法です。

ヒットソングなんかでよく使われる手法ですが、『L’Arc〜en〜Ciel』のシングル楽曲での使用は珍しいんですよね。

この手法、サビのメロディーが曲中に何度も登場することになるので、楽曲への親しみを覚えやすいという利点はあるものの、同じメロディーばかりで安直な印象を与えかねないなので、『L’Arc〜en〜Ciel』としての多用は避けているというところでしょうか。

 

それから、左チャンネルで終始ジャカジャカと鳴っているアコースティックギターも『L’Arc〜en〜Ciel』の楽曲としては珍しい印象。

このアコースティックギターの高速コードストロークが、いい意味で軽やかさと爽やかさを演出していますね。

本作『Vivid Colors』、”別れ”をテーマにした楽曲だと思うのですが、サビメロをギターでなぞるという上述のヒットソングっぽい手法があったり、アコースティックギターで爽やかさを織り交ぜたりと、かなり健康的な楽曲という感じがします。

そういう意味では、ラルク初心者でも取っつきやすい楽曲であるものの、ラルク玄人(?)の人には少々物足りない作品なのかなと思えるのですが、いかがでしょう?

 

『Vivid Colors』が収録されているアルバム『heavenly』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/heavenly

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Red Angel

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Tears

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/デスメンタル

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。