個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CELEBRATION

投稿日:2018年5月9日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の世界進出で、解散前よりもパワーアップした『X JAPAN』にまだまだ目を離せませんね!

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『CELEBRATION』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

desktop

『CELEBRATION』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名CELEBRATION
演奏時間4:49
作詞HIDE
作曲HIDE
編曲X

ギターのHIDEが作詞作曲を担当。

『CELEBRATION』収録アルバム

アルバム名トラック#
BLUE BLOOD10
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)5
STAR BOX6

メジャー1stオリジナルアルバム『BLUE BLOOD』の10曲目に収録。

※『CELEBRATION』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

HIDE作詞作曲の楽曲『CELEBRATION』。

『X JAPAN』はYOSHIKIがメインのコンポーザーですので、アルバムにHIDE作詞作曲の楽曲があると一味違う聴き心地になりますよね。

本作『CELEBRATION』はアルバム『BLUE BLOOD』収録ですが、『CELEBRATION』があることで『BLUE BLOOD』の完成度がより高まっていることは間違いありません!

やっぱりHIDEの作る曲はやんちゃなポップさがありますよね。

YOSHIKIの作る”暴力的な曲”と上手く共存できているのは、HIDEのやんちゃセンスが絶妙だからだと思うんです。

ポップなだけの楽曲では、YOSHIKIの作る暴力的、攻撃的、耽美的な楽曲群の中で確実に浮いてしまうでしょうから。

最後に、ちょっと個人的な話。

私が本作『CELEBRATION』と出会ったのは中学生の時だったのですが、当時、歌詞の中に出てくる「9 to 5」という言葉の意味が分かりませんでした。”ナイントゥファイブ?トランプか何かに関する用語かな?”ってな感じで。

この「9 to 5」、”9時から5時”という意味で、つまり、”勤務時間”を指す言葉なんですね。大人になってから知りました。

『CELEBRATION』という楽曲の中では、この「9 to 5」に対して「マネキンども」と言葉を添え、皮肉を込めて使っています。

…そして時は流れ、中学生だった私はいま、「9 to 5」に縛られた「マネキン」の一体になっています…。月曜の朝に怯え、目覚まし時計の音に恐怖するマネキン…。

『BLUE BLOOD』を聴いて人間に戻らなきゃ…。

Amazonで試聴できます。

『CELEBRATION』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/KISSIN’ NOISE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/GALILEO

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/All along

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/MARIA

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。