個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/In the Air

投稿日:2019年10月25日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『In the Air』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

『In the Air』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名In the Air
演奏時間4:51
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel

『In the Air』収録アルバム

アルバム名トラック#
Tierra1
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-19981
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 1 hyde best)7
TWENITY (1991-1996)5

オリジナルアルバム『Tierra』の1曲目に収録。

※『In the Air』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

丁寧に作りこまれたサウンドと世界観が素敵な1曲、『In the Air』。

メジャーデビュー後1stアルバム『Tierra』の1曲目を飾るのが”空中浮遊する「君」に見とれる「僕」“を歌う本作『In the Air』です。空と大地をテーマにした(と私は思っている)アルバム『Tierra』の幕開けにこの上なく相応しい楽曲ですね。

本作『In the Air』、”全編に渡って聴きどころ!”と言っても過言ではない名作なのですが、個人的には1番Aメロ1回目で聴ける助走からの離陸感がとても好きです。

ベースソロで幕を開け、少しずつ楽器が増えていきながらhydeが静かに歌うAメロまでが助走。そして、Aメロ1回目の終わりとともにhyde”アーッ”でギターとドラムが暴れ出して離陸する…という感じ。いやはや、たまらんです。

それから、本作『In the Air』は詞がとても綺麗ですよね。

特にAメロ冒頭の「背に刺さったナイフ」のくだりはhydeにしか描けない儚くも幻想的なシーンです。

ちなみに、『Gackt』の『Secret Garden』という楽曲にも「背に刺さったナイフ」のくだりが出てくるのですが、本作『In the Air』のオマージュなんですかね。さすがにこの独特な描写がゼロから生み出された上で偶然一致する…なんてことは無いと思うので…。

また、この「背に刺さったナイフ」のくだり、離陸の瞬間を幻想的に描いているものと思いますが、そのまま“「君」が「ナイフ」によって死んだことの描写”と受け取ってみても面白いのではないでしょうか。

こう考えると、続く「大地」への「口づけ」は、“地面に倒れこんで動かない様子”と捉えることができますね。「背中」に「ナイフ」が刺さり、そのまま正面に倒れる映像が浮かんできます。

極めつけはサビで歌われる“空中浮遊する「君」に見とれる「僕」”のシーンです。これはずばり、“死後の世界へ旅立つ「君」を見ている「僕」”と考えられるでしょう。

…上述の話は少々強引かもしれませんが、楽曲の冒頭で死の描写がされていると仮定すれば、割と無理なくここまで辿り着けるように思います。

本作『In the Air』が収録されているアルバム『Tierra』はこういった丁寧な世界観の楽曲が多数収録されていますので、hydeの比喩が何を描いているのか考えながら聴いてみるのも一つの楽しみ方ではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『In the Air』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/TIME SLIP

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/甘くないトーキョー

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Get Into A Groove

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CRUCIFY MY LOVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/RADIO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。