個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

投稿日:2019年3月15日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

今回は、『B’z』の個別楽曲、『Calling』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

red

『Calling』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名Calling
演奏時間5:56
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 徳永暁人 &池田大介

22thシングルのA面曲。

売上枚数は約100万枚。ギリギリのミリオンヒット認定作品。

『Calling』収録アルバム

アルバム名トラック#
SURVIVE12
B’z The Best “Pleasure”13
The Ballads 〜Love & B’z〜5
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)14
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC2)9

オリジナルアルバム『SURVIVE』の12曲目に収録。本作『Calling』がアルバム『SURVIVE』の最終トラックになります。

※『Calling』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

サンドイッチ構成が印象的な楽曲、『Calling』。

バラードベスト『The Ballads 〜Love & B’z〜』に収録されている通り、ピアノを中心としたバラード部分がメインですが、オープニングとエンディングに曲調が全く異なるロックなパートが配置されています。

バラード部分を”具”、ロック部分を”パン”に見立て、バラード部分(具)をロック部分(パン)で挟んでいるので”サンドウィッチ構成”というわけですね。

メインのバラード部分はAメロ、Bメロ、サビが存在し、一つの楽曲として成り立っています。一方、ロック部分は歌メロが一つで、ボーカルとギターの掛け合いを繰り返すという作り。

ロック部分はそのまま全てがサビっぽいので、本作『Calling』には2種類のサビが存在していることになります。一粒で二度おいしい楽曲と捉えてもいいかもしれません。

本作『Calling』、楽曲のテーマは”離れていてもつながっている”というところでしょうか。

ですので曲名の『Calling』は“呼び声”などと解釈するのが正しいのかな。『Calling』という文字列を見ると”電話”を連想してしまいますが、”電話”がテーマの楽曲ではないはずです。

ただ、本作『Calling』がリリースされた1997年当時、”離れていてもつながっている”ことを確認するツールと言えば”電話”が一般的な時代でしたので、『Calling』=”電話”という解釈が全くの的外れというわけでもないように思います。

『Calling』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ROSIER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/UNFINISHED

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/May Fair

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。