個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/さまよえる蒼い弾丸

投稿日:2019年3月16日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

今回は、『B’z』の個別楽曲、『さまよえる蒼い弾丸』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

drops-of-water

『さまよえる蒼い弾丸』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名さまよえる蒼い弾丸
演奏時間4:05
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志

24thシングルのA面曲。

『さまよえる蒼い弾丸』収録アルバム

アルバム名トラック#
B’z The Best “Pleasure”14
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)15
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC2)11

オリジナルアルバム未収録曲。

※『さまよえる蒼い弾丸』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロ等で使用されているシタールの音色が特徴的な作品、『さまよえる蒼い弾丸』。

シタールの音色がオリエンタルな雰囲気を醸し出しながら、エレキギターのパワフルな演奏と手数の多いドラムが融合することで、本作『さまよえる蒼い弾丸』独特のなんとも不思議な世界観が構築されています。

ただ、この不思議な音楽的世界観があるからこそ、『さまよえる蒼い弾丸』というこれまた不思議な曲名も成立しているように思います。

シタールが織りなすオリエンタルな雰囲気がフラフラと「さまよえる」感を演出する一方、パワフルなバンドサウンドが「弾丸」という攻撃的な言葉を後押ししている、そんな感じがするんですよね。

「弾丸」って普通は真っすぐ飛ぶものですから、「さまよえる」という形容を「弾丸」に結びつけるのは、直感的には矛盾します。フラフラとさまよう「弾丸」って何?って。でも、上述の音楽と重ね合わせると、『さまよえる蒼い弾丸』という不思議なフレーズも、なんだか説得力のある言葉に変身してくるのです。

そういう意味では、本作『さまよえる蒼い弾丸』、言葉と音楽の両面でお互いの独特さを支えあっているバランスの取れた楽曲と言ってよいのではないでしょうか。

…え?「さまよえる」と「弾丸」についてはわかったけど、「蒼い」の説明が抜けているって?

うん、ほら、シングルのジャケットが「蒼い」し、なんか「蒼い」って言葉、かっこいいじゃないですか!(苦しい)

『さまよえる蒼い弾丸』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Over Drive

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/GIVE ME THE PLEASURE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RECALL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/force of heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。