個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Miscast

投稿日:2018年9月30日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Miscast』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

theater

『Miscast』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Miscast
演奏時間5:13
作詞HIDE
作曲HIDE
編曲X

HIDEによる作詞作曲。

『Miscast』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy3
STAR BOX5

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の3曲目に収録。

※『Miscast』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Jealousy』に収録されているHIDEの作品その1、『Miscast』。

Toshlが歌えば一瞬でX色に染ますし、アレンジはXのメンバーが携わっていますが、楽曲自体はお馴染みのYOSHIKIによる作品とは別モノという感じですね。

特に歌詞がHIDE作品とYOSHIKI作品の大きな違いでしょうか。

YOSHIKI作品は抽象的な表現が多く、使用される単語が割と固定的な印象なのですが、HIDE作品の方は具体的な表現と、それに伴う語彙の幅広さが特徴的に思います。

本作『Miscast』も、”無自覚に祭り上げられた役者の滑稽な哀れさ”が皮肉たっぷりに表現されています。1フレーズ1フレーズを無駄にすることなく、どこを切り取っても『Miscast』な物語です。

アルバム『Jealousy』リリース当時(1991年)は、まだHIDEはソロ活動を始めていませんでしたが、既にソロ楽曲に通じる個性が感じられますね(HIDEのソロデビューは1993年)。

ところで本作『Miscast』、HIDEがボーカルを取ったものも存在します。

HIDEの死後にリリースされた『Cafe Le Psyence-hide LEMONed Compilation』に収録されている楽曲です。

アレンジが全然違いますし、歌メロも『X JAPAN』の『Miscast』とは全く異なる仕上がりになっています。

二つの『Miscast』を聴き比べてみるのも面白いと思います。

『Miscast』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/白い花

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/FUNNY GIRLFRIEND!!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Spray

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/エーゲ〜過ぎ去りし風と共に〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SHOCK HEARTS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。