個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Miscast

投稿日:2018年9月30日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Miscast』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

theater

『Miscast』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Miscast
演奏時間5:13
作詞HIDE
作曲HIDE
編曲X

HIDEによる作詞作曲。

『Miscast』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy3
STAR BOX5

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の3曲目に収録。

※『Miscast』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Jealousy』に収録されているHIDEの作品その1、『Miscast』。

Toshlが歌えば一瞬でX色に染ますし、アレンジはXのメンバーが携わっていますが、楽曲自体はお馴染みのYOSHIKIによる作品とは別モノという感じですね。

特に歌詞がHIDE作品とYOSHIKI作品の大きな違いでしょうか。

YOSHIKI作品は抽象的な表現が多く、使用される単語が割と固定的な印象なのですが、HIDE作品の方は具体的な表現と、それに伴う語彙の幅広さが特徴的に思います。

本作『Miscast』も、”無自覚に祭り上げられた役者の滑稽な哀れさ”が皮肉たっぷりに表現されています。1フレーズ1フレーズを無駄にすることなく、どこを切り取っても『Miscast』な物語です。

アルバム『Jealousy』リリース当時(1991年)は、まだHIDEはソロ活動を始めていませんでしたが、既にソロ楽曲に通じる個性が感じられますね(HIDEのソロデビューは1993年)。

ところで本作『Miscast』、HIDEがボーカルを取ったものも存在します。

HIDEの死後にリリースされた『Cafe Le Psyence-hide LEMONed Compilation』に収録されている楽曲です。

アレンジが全然違いますし、歌メロも『X JAPAN』の『Miscast』とは全く異なる仕上がりになっています。

二つの『Miscast』を聴き比べてみるのも面白いと思います。

『Miscast』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ruins

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/うた

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/マーガレット

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVE SONG

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。