個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

投稿日:2018年11月16日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『ROCK ‘N’ ROLL』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

depression

『ROCK ‘N’ ROLL』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名ROCK ‘N’ ROLL
演奏時間3:19
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

『ROCK ‘N’ ROLL』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW8

メジャー7thアルバム『CORKSCREW』の8曲目に収録。

※『ROCK ‘N’ ROLL』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

パンクで攻撃的なアルバム『CORKSCREW』の中、珍しくミディアムテンポで仕上げられた#7 『TELL』の後にやってくるのが、本作『ROCK ‘N’ ROLL』。

一旦『TELL』で落ち着いたかと思いきや、すぐにギアを切り替えて再び攻撃的でスピード感のあるパンクな楽曲がやってきます。

アルバム『CORKSCREW』の収録曲数は14曲ですので、#8の本作『ROCK ‘N’ ROLL』が丁度折り返し後の後半戦一発目に相当します。このタイミングで”ギアの切り替え”というのは、曲順的にも妥当なように思えますね。

この楽曲について気になるのは、やはり『ROCK ‘N’ ROLL』というズバリな曲名ではないでしょうか。見てわかる通り、音楽のジャンルの一つを、そのまま曲名に持ってきています。

一見すると”これぞ『黒夢』のロックンロールだ!”という意味で名付けられたタイトルのように思えますが、歌詞を見る限り、そうではなさそう

AメロやBメロの歌詞から察するに、”ロックンロールを売り物にしている「IDOL BAND」に対する嫌悪感”、それが本作で歌われている内容だと思われます。

「IDOL BAND」というと、どういうバンドを想像しますかね?かわいい女の子たちが格好だけ楽器を持ち、演奏しているフリをしているようなバンドでしょうか…?

本作『ROCK ‘N’ ROLL』が収録されているアルバム『CORKSCREW』がリリースされた1998年という時代を鑑みて考えると、歌詞に出てくる「IDOL BAND」というのは、当時のV系バンドのことを指してるのではないでしょうか。

1998年当時はV系バンドがかなり流行っていましたので、そんなブームに乗って出てきた、化粧だけは立派で全然ロックじゃないバンドのことを批判的に歌ったものが本作『ROCK ‘N’ ROLL』ではないかと。

まぁ、『黒夢』はV系批判を歌詞に盛り込んでいることで有名ですので、特に驚くべき話ではありませんね。

少々ゲスですが、“いったいどのバンドのことを批判しているのか?”という目線で聴くのも本作『ROCK ‘N’ ROLL』の楽しみ方の一つでしょう 笑。

Amazonで試聴できます。

『ROCK ‘N’ ROLL』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ECO=System

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ICE MY LIFE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FACE TO FACE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYCHOMMUNITY EXIT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。