個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/True colors

投稿日:2018年11月3日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

そんなELTの全盛期を支えた五十嵐充は2000年に脱退。それ以降、ボーカルの持田香織とギターの伊藤一郎の二人による男女ユニット形式になり、現在に至ります。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『True colors』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

sadness

『True colors』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名True colors
演奏時間4:44
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

『True colors』収録アルバム

アルバム名トラック#
Time to Destination10

2ndアルバム『Time to Destination』の10曲目に収録。

※『True colors』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『True colors』という文字列を見て、まず思い浮かぶのは『Cyndi Lauper』の『True Colors』ではないでしょうか。

『Cyndi Lauper』は80’sの米国音楽を代表するアーティストの一人で、この『True Colors』という楽曲は彼女の代表曲の一つです。

そんな偉大な楽曲と同じタイトルを持つELTの本作『True colors』ですが、楽曲自体は『Cyndi Lauper』のそれと何の関連もなさそう

『Cyndi Lauper』の『True Colors』は人間の本質を『True Colors(本当の色)』と例え、深みのある世界観を構築している一方、ELTの『True colors』は“男に振り回される女”を描き、身近なところにテーマを置いた作品になっています。

それぞれの『True colors』が何の関係もないことはこの通りなのですが、むしろ、なぜELTはこの楽曲のテーマで『True colors』というタイトルを付けたのかわからないです 笑。『True colors』というタイトルをつけるにあたり、『Cyndi Lauper』のことは確実に連想されていると思うのですが…。

とまぁ、私が無駄に『Cyndi Lauper』を意識しているだけなのでしょうが、ELTの『True colors』自体はおもしろい楽曲だと思います。

上述の通り、“男に振り回される女”を描いた作品になっており、「束縛して!」等と、なかなか過激なフレーズが登場するのは当時のELTにしてはかなり珍しい感じがします。

Amazonで試聴できます。

『True colors』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/LORELEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Rainy days never stays

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ILLUMINATI

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】hide/HONEY BLADE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/You & I

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。