個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/BEAMS

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『BEAMS』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『BEAMS』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名BEAMS
演奏時間4:53
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 西平彰

メジャー5thシングル。

『BEAMS』収録アルバム

アルバム名トラック#
FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜3
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】9
黒夢シングルズ5
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)5

オリジナルアルバム『FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』の3曲目に”FAKE STAR VERSION”にて収録。

※『BEAMS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『黒夢』のシングルの中では歴代2位の売上を誇る作品が本作『BEAMS』。

ちなみに、『黒夢』のシングル売り上げ1位は『少年』です。『BEAMS』が約35万枚、『少年』が約37万枚という数字になっています。

本作『BEAMS』、この曲を一言で表すなら“さわやか”という言葉が適当でしょうか。

『黒夢』というダークなバンド名からは想像もつかないほどさわやかな楽曲だと思います。『黒夢』のシングル楽曲は比較的耳触りの良い作品が多いのですが、それでも本作『BEAMS』は随一のさわやかさを持っているように感じます。

特に、インディーズ時代と比較すると、別バンドかと思うほどマイルドな聴き心地がしますよね。

当時の攻撃的なギターサウンドは鳴りを潜め、本作『BEAMS』のバックバンドはボーカルを際立たせる脇役的な存在になっています。シンセサウンドもふんだんに使われていますし、ギターソロすらありません。

ギターの臣が脱退した直後のシングルである『優しい悲劇』や『Miss MOONLIGHT』にはギターソロがあったんですけどね。

一方、合間合間で聴こえるベースのフレーズはやっぱりかっこいいです。

インディーズ時代のような攻撃的なサウンドではありませんが、さわやかでありながらも存在感のあるベースを聴かせてくれます。

もしかすると、本作『BEAMS』でギターに頼らない形の『黒夢』の姿を模索していたのかもしれません。

Amazonで試聴できます。

『BEAMS』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVELESS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ずっと2人で…

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】B’z/Survive

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Together

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CELEBRATION

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。