個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Miss MOONLIGHT

投稿日:2019年12月21日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Miss MOONLIGHT』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Miss MOONLIGHT』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Miss MOONLIGHT
演奏時間3:50
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 佐久間正英

メジャー4thシングル。

『Miss MOONLIGHT』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism11
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】3
黒夢シングルズ4
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)4

オリジナルアルバム『feminism』の11曲目に”album mix”にて収録。

※『Miss MOONLIGHT』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『feminism』リリースの数週間前に発売されたシングルが本作『Miss MOONLIGHT』。アルバム『feminism』の先行シングルという位置づけでしょうかね。

本作『Miss MOONLIGHT』がメジャーデビュー後4枚目のシングルにあたるわけですが、過去のシングル作品と比べると非常にポップな仕上がりになっているように感じます。

個人的には、4thシングルの本作『Miss MOONLIGHT』~7thシングル『ピストル』までが『黒夢』のポップ路線期だと思っています。

本作『Miss MOONLIGHT』についてですが、まず、イントロの作りがキャッチーでポップ。

この楽曲のイントロにはサビのメロディーをなぞるギターフレーズがそのまま使われているんですよね。まぁ、J-POPによくある手法ではあります。しかしながら、『黒夢』のシングル作品という話になると、実は珍しいパターン。

これまでのシングル楽曲も決してとっつきにくいマニアックな作品ではありませんでしたが、本作『Miss MOONLIGHT』のこのイントロはやはり群を抜いてポップでキャッチーな響きがします。

それから、歌詞の内容ですかね。

なんと言うんでしょう、”ポップ”と言うよりは“カジュアル”という表現が近いでしょうか。

これまでの”救いようのない深刻なシーン”を切り取った世界観からは離れ、本作『Miss MOONLIGHT』以降はもう少し“共感しやすい切なさ”みたいな場面を歌い始めているように思います。

本作『Miss MOONLIGHT』について言えば、”大人になって遠ざかるあの子”がテーマですよね?これまでの『黒夢』を思うと、ずいぶんカジュアルなテーマなのは間違いないはずです。

私はリアルタイム世代ではないのでわからないのですが、当時の『黒夢』ファンはこういったポップ路線への変化をどう感じていたんでしょう。

本作『Miss MOONLIGHT』を収録したアルバム『feminism』はオリコンアルバムチャートで1位を獲得していますので、少なくとも世間はこの変化をポジティブに受け止めていたものと考えてよさそうですが。

とりあえず、『黒夢』のシングルがリリース順に並んだ『黒夢コンプリート・シングルズ』で当時の簡単な追体験はできます。こいつを聴きながら思いを馳せてみることが私にできることです…。

Amazonで試聴できます。

『Miss MOONLIGHT』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/AURORA

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/世界が終わる夜に

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holy ground

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Over Drive

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。