個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/白い花

投稿日:2018年9月15日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『白い花』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

flower

『白い花』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名白い花
演奏時間4:50
作詞町田紀彦
作曲町田紀彦
編曲大坪直樹

8thシングル。2ndアルバム『O』と同時リリース。

『白い花』収録アルバム

アルバム名トラック#
N8
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)8

3rdオリジナルアルバム『N』の8曲目に”acoustic ver.”で収録。

※『白い花』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ハードロックサウンドに挑戦した前作『証』とはガラッと異なり、バンドサウンドは控えめに押さえた作品、『白い花』。

本作『白い花』、2ndアルバム『O』との同時発売なのですが、当然アルバム『O』には未収録。アルバムの1曲として収録せず、なぜわざわざこの曲を別売りにしたんでしょうね。”出来がいい”とか”タイアップがついた”という事情があれば、いったんアルバムに収録して、後でシングルカットという手段もあったと思うんですけど。

…やっぱり、そこは大人の事情ってやつでしょうかね。。。

本作『白い花』のアレンジ、1st~2ndアルバム辺りの『浜崎あゆみ』っぽいなと感じました。ふわふわシンセとキラキラシンセで雰囲気を作り、ギターをちょこっと添えるという作り方。

もしかして編曲者が同じなのかなと思ったのですが、調べてみたところ全然違っていました 笑。2000年前後のJ-POPでこういうアレンジが流行っていただけだったのかな。

作曲者はお馴染みの町田紀彦氏ですが、本作『白い花』の譜割はいつもと違ってけっこう細かめですね。特にAメロ、Bメロ辺りはちょっと早口気味に聞こえる歌メロです。

ただ、この細かい譜割の歌メロが新鮮でけっこう好きです。いつもより少し大人っぽい『ZONE』って感じがします。

一方で、『ZONE』の魅力である”等身大の10代前半感”は薄れてしまっているのは否めないところです。大人っぽい『ZONE』は新鮮だけど、大人っぽさを求めるならそもそも『ZONE』じゃなくて良くない?って話です。

いやぁ、音楽って難しいですね 笑。

Amazonで試聴できます。

『白い花』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ROSE OF PAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FOREVER & EVER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ENDLESS RAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/電気イルカ奇妙ナ嗜好

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。