個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/一雫

投稿日:2018年9月13日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『一雫』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

dokusho

『一雫』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名一雫
演奏時間4:10
作詞町田紀彦
作曲羽岡佳
編曲長岡成貢

6thシングル。

読みは”ひとしずく”ですが、『一雫』に一発で変換できません。”ひとしずく”の常用は”一滴”の方なんでしょうかね。

2002年の映画、”アイス・エイジ”の日本語版主題歌にもなりました。

本作『一雫』の歌詞中に「夏の夜」って出てますが、映画の方はどう見ても「夏」とは無縁そうに見えます…。

『一雫』収録アルバム

アルバム名トラック#
O8
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)6

2ndオリジナルアルバム『O』の8曲目に収録。

※『一雫』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ピアノとアコースティックギターを中心に据え、しっとりとしたアレンジの楽曲が本作『一雫』。

1stシングル~5thシングルまでMIYUがメインボーカルを務めていましたが、本作『一雫』はベースのMAIKOがメインボーカルを担当しているそうです。私は『ZONE』の各メンバーがどんな声をしているかまで把握できていないので何とも言えないところはありますが…Bメロをソロで歌っているのが今回メインボーカルを務めているMAIKOなのかな。

本作『一雫』、内容はラブソングでしょうかね。

『ZONE』というバンドにとってシングルのラブソングは4thの『世界のほんの片隅から』以来2作目です。ラブソング以外の楽曲は、バンドル時代の”応援系”と『secret base 〜君がくれたもの〜』をはじめとした”友情系”になっています。J-POPのガールズバンドにしては意外とラブソング少なめな配分という印象ではないでしょうか。

ラブソングの先輩である4thの『世界のほんの片隅から』と比べると、『ZONE』の良さが発揮されているのは本作『一雫』の方かな、と思います。

『一雫』の方が歌詞の等身大感もありますし、なんだかんだ言って“サビを複数人で合唱”という戦法が心に響きます。

しっとりしたアレンジながらも、本作『一雫』が暗い雰囲気にならずに前向きな印象を持てるのは、”サビを複数人で合唱”する華やかさのおかげでしょう。

Amazonで試聴できます。

『一雫』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Rusty Nail

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/出逢ってしまった2人

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】hide/OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/EDEN 〜君がいない〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。