個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ドキドキ

投稿日:2019年8月11日 更新日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『ドキドキ』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

kids

『ドキドキ』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名ドキドキ
演奏時間4:23
作詞YUKI
作曲恩田快人
編曲JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の8thシングル。

『ドキドキ』収録アルバム

アルバム名トラック#
MIRACLE DIVING6
FRESH10
The Great Escape -COMPLETE BEST- (DISC 02)8
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 01)10

メジャー3rdアルバム『MIRACLE DIVING』の6曲目に収録。

※『ドキドキ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

洋楽の訳詞のような単語と、大人になりつつある少女が抱くノスタルジックな感情、それらをキャッチーなメロディーに乗せた初期『JUDY AND MARY』らしい楽曲『ドキドキ』。

リーダーの恩田快人が率いる初期『JUDY AND MARY』が(多分)目指していた『レベッカ』の『フレンズ』的世界観、その一つの到達点が本作『ドキドキ』ではないでしょうか。

これは非常に個人的な感想なのですが、本作『ドキドキ』、後のシングルである『散歩道』と頭の中でけっこうかぶっています。作曲者は別人なんですけどね。

なんというか、『ドキドキ』も『散歩道』も、曲を聴いているときに思い浮かぶ映像が同じなのです。晴れた空の下、田園都市的な街にある小さな道を子供がてくてくと歩いている、そんな風景。

なので、曲を聴きながら、”あれ、これは『ドキドキ』だっけ?『散歩道』だっけ?”なんて思ってしまうんですよね。特に両方が収録されているベスト盤だと尚更。

一方、こんな平和で無害な景色を頭の中に描かせてくれるのは『JUDY AND MARY』ならではです。奇抜な見た目とは裏腹に、本作『ドキドキ』のような、小さな子供が歌ってもおかしくないくらいピュアな楽曲を繰り出してくるというギャップが素敵。

Amazonで試聴できます。

『ドキドキ』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/世界が終わる夜に

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/CANDY

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】GLAY/誘惑

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Shower

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。