個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAGNET HOLIC

投稿日:2019年2月3日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『MAGNET HOLIC』のレビューです。

 

lights

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 MAGNET HOLIC
演奏時間 3:17
作詞 キリト
作曲 キリト
編曲 Pierrot & 成田忍

本作『MAGNET HOLIC』がアルバム『FINALE』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲になります。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
FINALE 6

メジャー1stアルバム『FINALE』の6曲目に収録。

 

レビュー

スピード感のあるキャッチーなオープニングが印象的な1曲、『MAGNET HOLIC』。

この疾走感のまま駆け抜けてくれるかと思いきや、歌唱部分は意外とミドルテンポ。サビもキャッチーと言えばキャッチーなのですが、オープニングで期待していた方向とは若干違うところへ着地している感じです。

簡単には気持ちよくさせてくれない、焦らし系の仕上がりですね 笑。

 

本作『MAGNET HOLIC』では歌詞中に「電飾」や「モニター」といった言葉が出現します。メカニカルなサウンドも相まって、アルバム『FINALE』の流れの中では#6の本作『MAGNET HOLIC』で一気に”現代感”が出てきますね。

アルバム『FINALE』にて#1から始まった「アダムとイヴ」の物語。その二人を取り囲む歴史が積み上げてきた文明が、#6 『MAGNET HOLIC』で”開花”したと考えるのが素直な解釈でしょうか。

…ただ、#2の『ハルカ…』の時点で既に「コンクリート」という、これまた現代的な単語が出てきているんですよね。。。

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ハルカ…

そうすると、#6 『MAGNET HOLIC』で文明開化と考えるのは時系列的に矛盾が生じます。

アルバム『FINALE』の流れを生物の進化と人類の発展の歴史に重ねて解釈したいのですが、『ハルカ…』に登場する「コンクリート」という言葉が、なかなか一筋縄で理解させてくれません 笑。

 

アルバム『FINALE』の解釈の話から反れますが、本作『MAGNET HOLIC』のサビに出てくる「何倍も綺麗さ」というフレーズを聴く度、”化粧品のCMにピッタリだな”なんて思います。

…いや、化粧品のCMにしてはちょっと爽やかさが足りないか 笑。

 

『MAGNET HOLIC』が収録されているアルバム『FINALE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/デジタルモグラ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】hide/BACTERIA

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Pieces

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/マーガレット

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Ash Like Snow

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。