雑記

【2017年】ヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作TOP5~

投稿日:2017年12月29日 更新日:

どうも、来る日も来る日も、自己満な音楽レビューをネットの海にばらまいているアラサーブロガーのキャスターです。

歳をとってくると、10代のときのようには最新の音楽に対する興味を持てなくなってきますよね…。もう、青春時代の曲を何年も何十年もひたすら聴き続けたりしてね。まぁ、そんな人に向けて”消費された音楽にもう一度息吹を“なんていうこのブログをやっているところもあるんですが。

でもでも、それでも毎年大量に出るんですよ、新曲ってやつは。時代は我々の意志とは無関係にどんどん流れているわけです。”オッケーグー〇ル、電気つけて”って言えば、照明のONができちゃうくらい時間は未来を運んできています。

昔懐かしの楽曲に浸りつくし、2017年の新譜なんて眼中にないかもしれませんが、心を揺さぶる素敵な曲がちゃんと今年も出てるってこと…それを…知ってほしい…!

ということで、今年どんな音楽が出てるかなんて興味ないっていうあなたに向け、2017年ヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作~を一方的にお届けします!

以下、2017年の私的ヒット作TOP5をカウントダウン形式でお送りしますね。

headphones

選出ルール

2017年にリリースされた楽曲が選出対象。

“2016年にシングルでリリースされ、2017年に発売されたアルバムに収録されている”とか、そういうのは対象外にしてます。

あくまで、”2017年中に新しく世に出た”という観点で選曲!

それじゃ、行きます!

第5位

ポルカドットスティングレイ/BLUE

収録:アルバム 『全知全能』

2017年にめでたくメジャーデビューした『ポルカドットスティングレイ』の作品。

このバンドの魅力であるはずのギターソロまで省くほど短い時間に『ポルカドットスティングレイ』の魅力を詰め込んだ1曲。

今風の複雑な展開の曲に飽きてきたら、こういうシンプルに濃いやつが沁みます。

第4位

DADARAY/イキツクシ

収録:アルバム 『DADAISM』

『ゲスの極み乙女。』のベーシスト、休日課長が参加しているバンド『DADARAY』。その『DADARAY』が初めて世に出した作品が本作『イキツクシ』です。作詞作曲は同じく『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音。

初めて聴いたときは、川谷絵音っぽいけど、音にパンチが無くて印象に残らない曲だなという感想でした。ただ、何度か聴いてると、このふわっとした電子音も悪くないなと思い始めてきてしまって、今ではすっかりヘビロテリスト入りしています。

どうでもいいですが、メインボーカルを務めている方、どことなく『乃木坂46』の西野七瀬に似ていませんか?

第3位

ポルカドットスティングレイ/エレクトリック・パブリック

収録:アルバム 『大正義』

2017年にめでたくメジャーデビューした『ポルカドットスティングレイ』の作品。相変わらずギターが素敵な1曲です。

アルバム『大正義』発売前からMVがyoutubeに上がっていたこともあり、アルバムへの期待を高めながらヘビロテしていました。

第2位

THE YELLOW MONKEY/ロザーナ

収録:ベストアルバム 『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』早期購入特典

イエモン復活後の作品。飾らないシンプルなロックサウンドと、優しい歌詞が素敵です。

復活直後の作品の『砂の塔』や『ALRIGHT』みたいなギラギラした感じもイエモンらしくていいんですけど、本作『ロザーナ』には、歳を重ねた大人だからこそ出せる深い優しさがあるような気がするんです。それが新鮮に響いてヘビロテしてました。

第1位

欅坂46/エキセントリック

収録:4thシングル 『不協和音』 カップリング

アイドルだからってバカにしてはいけません!

シングルのカップリングとして世に出た本作『エキセントリック』ですが、2017年の私的ヒット堂々1位です!ホントにヘビロテでした。

まず、曲がシンプルにかっこいい。

おしゃれなコードを鍵盤中心でリズミカルに鳴らし、Aメロはラップ調の歌を乗せ、サビはしっかりメロディーを歌うというスタイルは『ゲスの極み乙女。』を髣髴とさせます。作曲者は川谷絵音じゃないかって思ったくらいです。

そして何より歌詞ですよね。もう、中二病全開な歌詞が素敵!

いや、確かに中二病臭がキツくて本作『エキセントリック』は聴くに堪えないって思う方も多いと思うんですよ。

ただですね、音楽好きな人って、間違いなく心の片隅に中二病の自分を飼っているはずなんです。社会に溶け込むために普段は中二病卒業生の顔をしているとは思いますが、心の中で14歳のままのあいつはまだ生きているんです。

そいつの声に、どうか耳を傾けていただきたい。そうすれば気づいていただけるはずです。

いつか心の片隅に閉じ込めた中二病のあいつが、今のあなたに訴えているメッセージに。そしてその訴えとは、この『エキセントリック』で歌われている内容そのものだったと…!

この曲聴くと、本当に中二病再発しそうになるので、社会で真っ当に生きているクセに影響されやすい人は注意です。

ツボに入ると会社辞めたくなります。

おわり

ということで、2017年の私的ヒット作TOP5でした。

『欅坂46』はデビュー曲の『サイレントマジョリティー』もそうでしたけど、良い曲もらえてますね。

今後も中二病路線のイタい曲を待ってます。

★★★★

よかったらメインコンテンツの音楽レビューもご覧ください。

音楽レビュー/アーティスト索引

-雑記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【2019年】ヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作TOP5~

どうも、来る日も来る日も、自己満な音楽レビューをネットの海にばらまいているアラサーブロガーのキャスターです。 今回で3回目を迎えたヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作TOP5~。過去のヘビ …

【2018年】ヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作TOP5~

どうも、来る日も来る日も、自己満な音楽レビューをネットの海にばらまいているアラサーブロガーのキャスターです。 昨年(2017年)の今頃、2017年ヘビロテ・オブ・ザ・イヤー ~今年の私的ヒット作~なる …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。