個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

投稿日:2019年3月6日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

 

今回は、『B’z』の個別楽曲、『ALONE』のレビューです。

 

model

全体概要

基本情報

アーティスト B’z
曲名 ALONE
演奏時間 6:00
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘 & 明石昌夫

9thシングルのA面曲。売上枚数約113万枚のミリオンヒット作品。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1) 9
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN) 5
The Ballads 〜Love & B’z〜 2
B’z The Best “Pleasure” 5
IN THE LIFE 10

オリジナルアルバム『IN THE LIFE』の10曲目に収録。表記はありませんが、イントロが追加されたアルバムバージョンとなっています。

本作『ALONE』がアルバム『IN THE LIFE』の最終トラックになります。

 

レビュー

数多くの作品を世に送り出してきた『B’z』ですが、このバンドのバラードと言えば本作『ALONE』を挙げる人も多いのではないでしょうか。売上枚数が約113万枚と、名実ともに『B’z』のバラード楽曲を代表する作品です。

 

ピアノを中心とした静かなAメロから、泣きのギターフレーズとリズム隊の追加で一気に盛り上がりを見せるBメロへの展開がかっこいいですね。

Bメロ時点でこんなにテンションを上げておきながら、サビ前にこれまた特徴的な1小節のキメと転調を挟むことで、一番聴かせたいサビが埋もれてしまわずにしっかり存在感を放っています。

バラード楽曲はどうしてもスローテンポになりがちで、下手をすると退屈な楽曲になってしまうものですが、本作『ALONE』にはリスナーを飽きさせない仕掛けがいくつも施されているので、退屈とは無縁な6分間を過ごせます。やはり、ヒットソングというのはなんだかんだ言ってもそれ相応の理由がありますね。

 

ところで、本作『ALONE』のサビですが、私はずっと「それぞれのお花を…」と歌っているものと思っていました。“お花”だなんて、曲の雰囲気の割にかわいい表現使うんだな…なんて。

後になってから歌詞を確認し、”お花”と思っていた”お”は「それぞれの」の「の」が伸びた音、つまり、「それぞれの~花を」と歌っていることに気づいたものです…。

 

『ALONE』が収録されているアルバム『B’z The Best “Pleasure”』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Pleasure”

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RECALL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】GLAY/mister popcorn

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ruins

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Dearest Love

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。