個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/HEAVY GAUGE

投稿日:2018年8月15日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”とは無縁なところも、もはや『GLAY』の個性と言えそうです。”平和なロックバンド”というある意味矛盾したフレーズですら納得して飲み込んでしまえる、そんな懐の深さを『GLAY』には感じますよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲、『HEAVY GAUGE』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

meteor

『HEAVY GAUGE』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名HEAVY GAUGE
演奏時間6:51
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

メジャー5thアルバム『HEAVY GAUGE』と同名の楽曲。

『HEAVY GAUGE』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEAVY GAUGE1

オリジナルアルバム『HEAVY GAUGE』の1曲目に収録。

※『HEAVY GAUGE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『HEAVY GAUGE』1曲目にして演奏時間7分に迫る長尺な楽曲。

本アルバムに収録されている『BE WITH YOU』や『Winter,again』といったヒットシングルは異なるダークテイストのヘビーなロックナンバーとなっており、アルバム『HEAVY GAUGE』という作品の方向性を提示する1曲です。

そんな仕上がりの楽曲がアルバムの1曲目に配置されていますので、『BE WITH YOU』や『Winter,again』のようなキャッチーさを求めてアルバム『HEAVY GAUGE』を手に取った人は少々面食らうところがあるかもしれませんね。

ダークな雰囲気漂うバンドサウンド+ストリングスのアレンジや、盛り上がり切らないサビは『GLAY』のポップなイメージとはかけ離れたものになっていますので。

この雰囲気を新鮮でかっこいいと思えるかどうかがアルバム『HEAVY GAUGE』自体を好きになれるかどうかの分岐点ではないでしょうか。

個人的には、『GLAY』のヒットシングル作品も好きですが、こういった『GLAY』のダークサイド寄りな楽曲が特けっこう好きだったりします。

私のような一般人では一生体験することのないであろう成功者故の苦悩、それが吐露されている作品に『GLAY』の魅力を感じるんですよね。

本楽曲『HEAVY GAUGE』は、そんな成功者故の苦悩をテーマの中心に据えた楽曲というわけではありませんが、雰囲気と言葉の選び方にその片鱗を垣間見ることができる1曲です。

『HEAVY GAUGE』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/もう一度キスしたかった

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/ファントム

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVELESS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/パンドラボックス

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。