個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CHILD

投稿日:2019年2月13日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『CHILD』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

swim

『CHILD』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名CHILD
演奏時間6:02
作詞キリト
作曲キリト
編曲Pierrot & 成田忍

本作『CHILD』がアルバム『FINALE』の中で最も演奏時間の長い楽曲です。

『CHILD』収録アルバム

アルバム名トラック#
FINALE12

メジャー1stアルバム『FINALE』の12曲目に収録。

※『CHILD』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アダムとイヴが支配者によって海に沈められたことから始まったアルバム『FINALE』の物語。そのお話の最後を締めくくるのが同アルバム12曲目収録の本作『CHILD』です。

1曲目の『FINALE』から12曲目の本作『CHILD』までの間、どのような紆余曲折を経てここに辿り着いたのか、正直なところ、私にはよくわかりません。

わかるのは、本作『CHILD』のサビで登場する“海へ戻りたくない”というフレーズが、”海に沈められて”始まったこの物語の結末を示す言葉なんだろうな…ということ。読解力の足りない私でも、”海で始まって海で終わる”という枠組みに、なんとなくの物語的な連続性を感じます。

本作『CHILD』、楽曲の方は物語のエンディングらしく、スローテンポで壮大な曲調になっています。

“壮大”という言葉を使いましたが、重厚なオーケストラをバックに据えた壮大さではなく、あくまでバンドサウンドを利用した壮大さに仕上がっています。空間的な広がりを感じるパーカッションやギターの音色が演出する壮大さ、という感じですね。

『CHILD』を始めとして、こういった音作りの仕方がアルバム『FINALE』独特の雰囲気を作り出しているような気がします。インディーズアルバムの楽曲ではこういった作風のものは見られませんでしたし、メジャーの舞台で後々登場するアルバムにも本作『CHILD』のような雰囲気の楽曲は出てきません。

そういう意味では、アルバム『FINALE』を好きになれるかどうかは、こういった『FINALE』独特の”壮大さを演出する仕掛け”を好きになれるかどうかが一つのポイントなのかもしれませんね。

ただ、この”壮大さ”というヤツは、何度もリピートして聴くには少々重たいところがあるのも事実です。アルバム『FINALE』自体は好きだけれども、普段聴くヘビロテリストにはなかなか入れづらいな…というのが私の感想です。

『CHILD』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/人工衛星

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/GALILEO

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ミュージック ファイター

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/FUNNY GIRLFRIEND!!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。