個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/BAD COMMUNICATION

投稿日:2019年3月14日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

 

今回は、『B’z』の個別楽曲、『BAD COMMUNICATION』のレビューです。

 

hoodie

全体概要

基本情報

アーティスト B’z
曲名 BAD COMMUNICATION
演奏時間 7:26
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘 & 明石昌夫

7分を超える大作。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN) 1
B’z The Best “Pleasure” 12
Flash Back-B’z Early Special Titles- (DISC2) 10
LOOSE 5
WICKED BEAT 3
BAD COMMUNICATION 1

本作と同名のミニアルバム『BAD COMMUNICATION』収録が初出。

その後も以下のように様々な形でオリジナルアルバムやベストアルバムに収録されました。

ミニアルバム『WICKED BEAT』

“E.Style”にて収録。原曲の全英語詞バージョン。

 

オリジナルアルバム『LOOSE』

“000-18″にて収録。アコースティックアレンジ。演奏時間も5分程度に省略。

 

ベストアルバム『B’z The Best “Pleasure”』

“E.Style”にて収録。ミニアルバム『WICKED BEAT』収録版を4分20秒ほどにしたショートバージョン。

 

ベストアルバム『B’z The Best “ULTRA Pleasure”』

“-ULTRA Pleasure Style-“にて収録。原曲の構成は残しつつ、ハードロック色を強めに押し出したアレンジ。

 

レビュー

演奏時間7分を超える初期『B’z』の実験的作品、『BAD COMMUNICATION』。

本作が収録されている同名のミニアルバム『BAD COMMUNICATION』はじわじわとロングヒットを続け、オリコンアルバムチャートに1度もTOP10入りすることなくミリオンヒットを記録しました。

本作『BAD COMMUNICATION』はベストアルバム常連作ということもあり、『B’z』のアルバム曲の中でも『いつかのメリークリスマス』と並ぶ有名な楽曲ではないでしょうか。

 

何かと転調する楽曲の多い『B’z』の楽曲ですが、本作『BAD COMMUNICATION』は演奏時間7分越えにも関わらず転調をしない作品になっています。イントロやサビで使われている印象的なメロディーをモチーフにしながら、ダンスビートに乗せて淡々と展開していく作品という感じですね。

本作『BAD COMMUNICATION』のキモは何と言っても、この“印象的なメロディーのモチーフ”でしょう。ギターのカッティングを交えてリズミカルに演奏したり、キレのいいシンセ音でイントロを引っ張ったり、はたまたサビの歌メロに使用したりと、”『BAD COMMUNICATION』と言えばあのメロディー”と言えるほどに同じメロディーを様々な形で登場させています。

 

一方、本作『BAD COMMUNICATION』の命とも言えるこのメロディーが『Led Zeppelin』の『Trampled Under Foot』にそっくりということで、しばしば話題に上がるのが盗作疑惑。

聴いていただければわかりますが、まぁ、その、うん、えっと…。

とりあえず、今のところ法的に『BAD COMMUNICATION』が訴えられているわけでもなく、作曲者の松本孝弘もこの辺に関する見解を述べているらしいので、『Trampled Under Foot』も『BAD COMMUNICATION』も両方楽しむというのが健全な着地点でしょうか(この話題から早く逃げたい)。

 

『BAD COMMUNICATION』が収録されているアルバム『B’z The Best “Pleasure”』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Pleasure”

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/愛の 愛の星

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DEAR FEELING

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君という光

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fairy Story

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。