個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ハルカ…

投稿日:2019年1月29日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『ハルカ…』のレビューです。

 

the-milky-way

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 ハルカ…
演奏時間 4:42
作詞 キリト
作曲
編曲 Pierrot & 成田忍

両A面でリリースされたメジャー3rdシングルの片方。もう片方は『カナタヘ…』。

【個別楽曲レビュー】PIERROT/カナタヘ…

本作『ハルカ…』は『PIERROT』のシングルA面曲としてギターの潤が作曲を担当した唯一の作品です。

 

アニメ神風怪盗ジャンヌのエンディングテーマのタイアップがつきました。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
HELLO COMPLETE SINGLES AND PV COLLECTION (Disc 1) 4
DICTATORS CIRCUS -A variant BUD- 3
FINALE 2

メジャー1stアルバム『FINALE』の2曲目に収録。

 

レビュー

生命の歴史を軸に展開されるタイムトラベル・ラブソング

本作『ハルカ…』を一言で表現するとこんな感じです。なんだか、言葉にするとダサいですが、大筋は間違ってないはず 笑。

 

『PIERROT』のシングル楽曲の中で唯一“イントロなし”“サビ始まり”といのが、本作『ハルカ…』の特徴ですね。

そもそも、『PIERROT』はサビ始まりの楽曲がかなり少ないです。イントロ、Aメロ、Bメロと、徐々に盛り上がっていく構成の方が、キリトの考える緻密な世界観を作り上げていく上で好都合なのでしょう。そういう意味でも、サビ始まりで成立する本作『ハルカ…』は、やはり特徴的な作品だと言えそうです。

 

あと、本作『ハルカ…』にはギターソロがありません。これも『PIERROT』の楽曲にしては珍しい部分ですね。1番と2番の間にベースソロらしき部分はあるのですが、ギターソロと呼べるパートはないです。

しかし、ギターソロが無いからと言ってギターが活躍していない楽曲というわけではありません。左チャンネルから聴こえるサビのギターリフだったり、Bメロで聴けるボーカルとギターの掛け合いだったりと、ギターの聴きどころはしっかりと用意されています。

 

『ハルカ…』が収録されているアルバム『FINALE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/甘い経験

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/学級崩壊

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Will Be King

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Tears

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。