個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/愛しい人よGood Night…

投稿日:2019年6月29日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『愛しい人よGood Night…』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

bed

『愛しい人よGood Night…』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名愛しい人よGood Night…
演奏時間6:15
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

7thシングルのA面曲。

『愛しい人よGood Night…』収録アルバム

アルバム名トラック#
RISKY5
B’z The Best “Treasure”6
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1)7

オリジナルアルバム『RISKY』の5曲目に収録。

※『愛しい人よGood Night…』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

7thシングルである本作『愛しい人よGood Night…』。実はこの楽曲が『B’z』のシングルにおける初のバラード作品にあたります。

『ALONE』や『今夜月の見える丘に』など、バラードにも複数の名曲を持つ『B’z』ですが、本作『愛しい人よGood Night…』はそれらの原点の一つと言えるわけですね。

ただ、他の派手なシングル作品と比べると、本作『愛しい人よGood Night…』は地味な印象というのが正直な感想です。

アルバム『RISKY』の先行シングルという事情もあるかもしれませんが、売上的にも直近の『Easy Come, Easy Go!』や『太陽のKomachi Angel』に比べると見劣りする数字に落ち着いています。

そして極めつけはバラードベストの『The Ballads 〜Love & B’z〜』に未収録という事実でしょう。

アルバム曲やカップリング曲からも選曲があったこのバラードベストですが、シングルA面の本作『愛しい人よGood Night…』は残念ながら未収録。『B’z』サイドとしても、この楽曲に対しては少々当たりが冷たいようです 笑。

しかしながら、本作『愛しい人よGood Night…』が『B’z』のバラード作品における原点の一つであることには間違いありません。そういった『B’z』の歴史を踏まえると、”この曲は地味だから…”なんて言って飛ばしてしまうには少々もったいない感じがします。

『ALONE』や『今夜月の見える丘に』等の有名なヒット作も良いですが、たまにはこの子のことも思い出してあげてみてくださいね。

『愛しい人よGood Night…』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATIVE MASTER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/I’m In Heaven

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/LOVER SOUL

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Stab Me In The Back

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。