個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/One

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

初期ELTサウンドを支えた五十嵐充は2000年にELTを脱退。その後、『day after tomorrow』のプロデューサーとして再び活躍を始めます。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『One』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

『One』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名One
演奏時間5:01
作詞持田香織
作曲D・A・I
編曲桑島幻矢

作曲を担当したD・A・Iは『浜崎あゆみ』のミリオンシングル(『SEASONS』や『Boys & Girls』等)の作曲も手掛けていたヒットメーカーです。

『One』収録アルバム

アルバム名トラック#
4 FORCE11
Every Ballad Songs10

4thアルバム『4 FORCE』の11曲目に収録。

本作『One』がアルバム『4 FORCE』の最終トラックになります。

※『One』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『4 FORCE』のラストを飾るのが本作『One』。非常に抽象的な曲名救いのない物悲しい雰囲気が印象的な1曲です。

ここまでネガティブなELTは珍しいのではないでしょうか。希望がないわけではありませんが、絶望の方が多めな世界観です。感覚的には、希望:絶望=1:9くらいの感じ。

まぁ、私はそんな本作『One』が大好きですが 笑。

一つ前の収録曲『force of heart』が明るく前向きな楽曲でしたので、余計に本作『One』の物悲しさが際立ちますね。

この物悲しい本作『One』でアルバム『4 FORCE』が締めくくられますので、アルバム『4 FORCE』自体の印象も、この楽曲のイメージに引きずられているところがあります。

改めて振り返ってみると、アルバム『4 FORCE』には明るい楽曲も半分くらいは収録されているんですけどね。#2 『JIRENMA』とか#6 『sweetaholic girl』とか、他にもいろいろと。

それら明るい楽曲たちの印象を塗り替えるほど、本作『One』が救いのない物悲しさを残してアルバムの幕を下ろすのです。

未試聴の方は、ぜひアルバム『4 FORCE』を通して聴いてみてください。最後に本作『One』が残す後味を知れば、きっと上述の内容に共感していただけると思います。

Amazonで試聴できます。

『One』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】hide/限界破裂

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/RADIO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/HONEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。