個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/One

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

初期ELTサウンドを支えた五十嵐充は2000年にELTを脱退。その後、『day after tomorrow』のプロデューサーとして再び活躍を始めます。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『One』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

『One』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名One
演奏時間5:01
作詞持田香織
作曲D・A・I
編曲桑島幻矢

作曲を担当したD・A・Iは『浜崎あゆみ』のミリオンシングル(『SEASONS』や『Boys & Girls』等)の作曲も手掛けていたヒットメーカーです。

『One』収録アルバム

アルバム名トラック#
4 FORCE11
Every Ballad Songs10

4thアルバム『4 FORCE』の11曲目に収録。

本作『One』がアルバム『4 FORCE』の最終トラックになります。

※『One』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『4 FORCE』のラストを飾るのが本作『One』。非常に抽象的な曲名救いのない物悲しい雰囲気が印象的な1曲です。

ここまでネガティブなELTは珍しいのではないでしょうか。希望がないわけではありませんが、絶望の方が多めな世界観です。感覚的には、希望:絶望=1:9くらいの感じ。

まぁ、私はそんな本作『One』が大好きですが 笑。

一つ前の収録曲『force of heart』が明るく前向きな楽曲でしたので、余計に本作『One』の物悲しさが際立ちますね。

この物悲しい本作『One』でアルバム『4 FORCE』が締めくくられますので、アルバム『4 FORCE』自体の印象も、この楽曲のイメージに引きずられているところがあります。

改めて振り返ってみると、アルバム『4 FORCE』には明るい楽曲も半分くらいは収録されているんですけどね。#2 『JIRENMA』とか#6 『sweetaholic girl』とか、他にもいろいろと。

それら明るい楽曲たちの印象を塗り替えるほど、本作『One』が救いのない物悲しさを残してアルバムの幕を下ろすのです。

未試聴の方は、ぜひアルバム『4 FORCE』を通して聴いてみてください。最後に本作『One』が残す後味を知れば、きっと上述の内容に共感していただけると思います。

Amazonで試聴できます。

『One』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/force of heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Miscast

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Timeless Sleep

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/あしたのショー

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。