個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/メロメ

投稿日:2017年7月24日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の12曲目、『メロメ』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

train

『メロメ』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名メロメ
演奏時間4:54
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲吉井和哉 & JON JACOBS & DAVID MAURICE

編曲が『THE YELLOW MONKEY』ではなく、”吉井和哉”と外部の方になっている、珍しい曲。

『メロメ』収録アルバム

アルバム名トラック#
812

アルバム『8』の12曲目に収録。

※『メロメ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

編曲に『THE YELLOW MONKEY』のクレジットがない通り、バンドらしさの無い1曲です。全編ピアノとストリングスを軸にした曲になっており、ボーカルの吉井和哉以外のメンバーは出番のない1曲と言えるかもしれません。

そのため、『THE YELLOW MONKEY』名義の曲でありながら、吉井和哉のソロ曲のように捉えられ、バンドそのものを愛するファンからは不評を買ったんじゃないかなと推測します。

ただ、そういった先入観を抜きにして、純粋な作品として本作『メロメ』を見ると、かなり完成度の高い1曲なのではと思います。私は『メロメ』を初めて聴いたときから個人的名作に認定しておりました 笑。

月並みな表現ですが、とにかく歌詞が素敵!

頭からお尻まで、どこを切ってもすばらしい言葉の選択で埋め尽くされています。自虐的な感じと切なさがいいバランスで配合されているのがツボですね。

特に1番の2回目Aメロ、「天道虫」のくだりは最高です!

「天道虫」とその”背中の模様”を使って、言い知れぬ寂しさを表現しています。こんな表現を思いつくなんて、聴いていて惚れ惚れしてしまいます。私が知らないだけで、何か他の文学作品から引用したんじゃないかと思うくらい、詩的で斬新な言葉選びだと思います。

そして、『メロメ』という曲名、これも本作にピッタリの言葉ですね。

歌詞を聴いても『メロメ』が何を指しているのかわかりませんが、この曲で表現している感情に『メロメ』と名付けたのかなと、私はそう思っています。

ピアノとストリングスを軸にしたアレンジと、素敵な歌詞が組み合わせって表現される世界、それが『メロメ』なんじゃないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『メロメ』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/セルロイド

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ICE MY LIFE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/True colors

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/死の灰

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/もう会えなくなるなんて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。