個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/峠

投稿日:2017年7月25日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の14曲目、『峠』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

mountain

『峠』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名
演奏時間5:49
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『峠』自体の演奏時間は5分程度ですが、その後にアルバム『8』6曲目収録の『人類最後の日』の続きが流れます。

『峠』収録アルバム

アルバム名トラック#
814

アルバム『8』の14曲目に収録。本作『峠』が最終トラックです。

※『峠』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『THE YELLOW MONKEY』解散前の最後のオリジナルアルバム『8』の最終トラックである『峠』。

『The Beatles』で言えば、アルバム『Abbey Road』の『The End』に相当するポジションですかね。

であれば、『峠』の後、数十秒ほど入っている『人類最後の日』の続きは、『Abbey Road』の『Her Majesty』といったところでしょうか。

この辺の作りから、ラストアルバムの終わり方が『The Beatles』に似ているなという印象です。『THE YELLOW MONKEY』側がラストアルバムとして『Abbey Road』を意識したかはわかりませんが。

『峠』という作品、息苦しい雰囲気を持った1曲です。

曲が進むにつれてバンドサウンドは盛り上がっていくのですが、スカっとした開放感のあるサビが無いため、どんどん重荷を背負っていくような感覚を受けます。急な上り坂を重い足取りで登っていくような聴き心地は、まさに『峠』です。

本作『峠』がイエモン解散前の最後のオリジナルアルバムの最終トラックなのだと思いながら聴くと、より一層重みを感じます。

最後の最後に流れる、ただのおふざけなような『人類最後の日』の続きですら、”解散前”というバンドの状況を踏まえると、“離れていく親の気を引くために、わざと道化を演じる子供”のようでもあります。

それは…考えすぎですかね 笑。

Amazonで試聴できます。

『峠』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CELEBRATION

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Breaking The Hide

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/モノクローム

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/FROZEN BUG ’93 (DIGGERS VERSION)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。