個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/MY WINDING ROAD

投稿日:2017年7月26日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の初回限定盤 Bonus CDの1曲目、『MY WINDING ROAD』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

mountain-road

『MY WINDING ROAD』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名MY WINDING ROAD
演奏時間5:00
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY』の17thシングル。

『MY WINDING ROAD』収録アルバム

アルバム名トラック#
8 (初回限定盤 Bonus CD)1
GOLDEN YEARS Singles 1996-20016

アルバム『8』には”初回限定盤 Bonus CD”という形で収録されています。

※『MY WINDING ROAD』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名の「WINDING ROAD」という単語から、『The Beatles』の『The Long and Winding Road』のような、静かでスケールの大きな曲かと思いきや…

ダンサブルでノリノリな1曲です!

グリグリとリズムを刻むベースがかっこいい!

曲調を例えるなら、『The Beatles』ではなく『Dead Or Alive』ですね。オープニングの電子音とか、『Dead or Alive』が使ってそうですし、曲のスピードやノリも近いものを感じます。

下に『Dead or Alive』の代表曲、『You Spin Me Round』を貼っておきます。『MY WINDING ROAD』と聴き比べると面白いかも。

Dead Or Alive/You Spin Me Round

本作『MY WINDING ROAD』、『THE YELLOW MONKEY』にしては珍しい感じのアレンジですが、決して”イエモンらしくない”って感想にはならないんですよね。『Dead or Alive』風の妖しいノリと、イエモンが元々持っている歌謡曲風の妖しさが程よくマッチしているからなのかなと思います。

あと、PVがかっこいいです!

たくさんのマイクを前にして演説するように歌う吉井和哉がとってもサマになっています。

Amazonで試聴できます。

『MY WINDING ROAD』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/カナタヘ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】B’z/Easy Come, Easy Go!

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/MAGIC PLACE

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。