個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Oh! Golden Boys

投稿日:2019年2月19日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉って、元は東洋人を差別する言葉なわけで。

もしGoogle先生がこのバンド名を差別表現にあたると分類し始めたら、『THE YELLOW MONKEY』の記事をバンバン上げている私のサイトはインターネット上から抹消されるでしょう。…そのときは、お察しください。

今回は、アルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の3曲目、『Oh! Golden Boys』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

mare

『Oh! Golden Boys』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Oh! Golden Boys
演奏時間3:39
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Oh! Golden Boys』収録アルバム

アルバム名トラック#
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE3

オリジナルアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の3曲目に収録。

※『Oh! Golden Boys』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ゴールデンボーイズ”と言えば、アラサー(特に男性)はこれを思い出すのではないでしょうか。

2000年前後に乱立したポケモンマンガの一つです。当時の新作ポケモン金銀を題材にしているということで、このタイトルなのでしょう。

こちら、コロコロコミック連載の作品ではあるものの、”ギエピー”で有名な方とは違う作品になります。しかし、当時小学生くらいであったであろうアラサー世代ならピンと来る…はず。

さて、本作『Oh! Golden Boys』、1992年リリースのアルバム収録曲ですので、もちろん上述のポケモンマンガとは関係ありません。

おそらく、こちらは本来の意味である”人気者”、”成功者”という意味で”ゴールデンボーイ”という言葉を使っているのでしょう。

ただ、気になるのは「Boys」と複数形になっているところ。歌詞を見るとどうも”成功者”に相当する登場人物は一人のように思えるのですが。

この複数形の「Boys」に無理やり意味を見出すとすれば、「Golden Boys」=『THE YELLOW MONKEY』のメンバーたちという考えでしょうか。1stアルバム収録曲ですし、”これから成功してやるぞ!”という願いも込めて、「Golden Boys」という複数形にした、と。

…。

…うん、やっぱり無理やりですね 笑。

Amazonで試聴できます。

『Oh! Golden Boys』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/証

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠に葬れ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Forever Love

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Feel My Heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。