個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Subjective Late Show

投稿日:2019年2月18日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉って、元は東洋人を差別する言葉なわけで。

もしGoogle先生がこのバンド名を差別表現にあたると分類し始めたら、『THE YELLOW MONKEY』の記事をバンバン上げている私のサイトはインターネット上から抹消されるでしょう。…そのときは、お察しください。

今回は、アルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の2曲目、『Subjective Late Show』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

woman

『Subjective Late Show』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Subjective Late Show
演奏時間4:15
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Subjective Late Show』収録アルバム

アルバム名トラック#
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE2
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)9

オリジナルアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の2曲目に収録。

※『Subjective Late Show』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“歌謡ロックな曲調”、”女性によるコーラス”、”サビでの露骨なストリングス”という初期イエモン楽曲の要素をふんだんに盛り込んだ1曲が本作『Subjective Late Show』。メジャー1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の雰囲気を決定づける1曲です。

上記の要素に加え、本作『Subjective Late Show』は非常にキャッチーな仕上がりになっているのもまた一つの特徴。サビで繰り返されるコーラスパートなんかは耳にとてもよく残ります。アルバム2曲目収録ということもあり、アルバムの早い段階でリスナーの耳を掴む役割をしっかり果たしていると言えるでしょう。

一方で、歌詞の方はと言うと、なかなかに難解

とにかくカタカナ語が多いんですよね。出てくる言葉は日常的に聞いたことがあるものが大半とは言え、全体として何を表現しようとしているのか、そこを汲み取るのは正直難しいです。

そういう観点で言えば、『Subjective Late Show』という曲名も難解です。「Subjective(主観的な)」、「Late(遅い)」、「Show(ショー)」、いずれも意味の分かる単語ですが、ひとまとまりの『Subjective Late Show』となったとき、この3単語の文字列が果たして何を意味するのか…。

少なくとも私はピンときていません。。。

Amazonで試聴できます。

『Subjective Late Show』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/DAYDREAM

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/月下の夜想曲

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Hometown

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/青の住人

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。