個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ひとつだけ

投稿日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『ひとつだけ』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

『ひとつだけ』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名ひとつだけ
演奏時間5:12
作詞Tack and Yukky
作曲TAKUYA
編曲TAKUYA

19thシングル。

『ひとつだけ』収録アルバム

アルバム名トラック#
WARP12
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 02)7

メジャー6thアルバム『WARP』の12曲目に”-ver.WARP-“で収録。本作『ひとつだけ』がアルバム『WARP』の最終トラックになります。

※『ひとつだけ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

熟練バンドの良質なポップス

本作『ひとつだけ』を一言で表せばそんなところでしょうか。聴いていて全く嫌な気にならない、耳に心地いい楽曲です。

あえて気になるところを挙げるとすれば、サビまでの道のりがちょっと長めなところでしょうか。

Aメロが終わってBメロが終わって、サビが来るかと思ったらもう一度Aメロが来て…。”まぁ、AメロとBメロを2回繰り返すパターンはよくあるよな”と思ってサビへの突入を期待していたら、2回目のBメロの後に新しいBメロ(B’メロ?)が出てくるのです。

初めて聴いたときはやたらパンチの無いサビだと思ってしまいました 笑。このB’メロの後、一気に盛り上がって本物のサビがやって来ますのでひと安心しましたが。

2周目以降は、このB’メロが存在することを前提に聴けますので、“サビまでずいぶん焦らされますね~”なんて感じで余裕を持って楽しめます。

というのも、やはり本作『ひとつだけ』が良質なポップスだからですよね。良質なポップスゆえに、サビまでの道のりが長くとも、その道程を楽しめるのです。

第一印象は”パンチの無いサビ”と誤解されたB’メロも、その正体さえわかればこの楽曲の個性を際立たせる重要なエッセンスなんだと今では思えます。

Amazonで試聴できます。

『ひとつだけ』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/RUN

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/千以上の言葉を並べても…

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STEAL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Looking Back On Your Love

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。