個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/PRECIOUS…

投稿日:2018年3月17日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を打ち出したのは、このバンドではないでしょうか。『X JAPAN』と並び、後輩バンドへ大きな影響を与えたヴィジュアル系バンドの大御所です。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『PRECIOUS…』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

sadness

『PRECIOUS…』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名PRECIOUS…
演奏時間3:49
作詞RYUICHI
作曲SUGIZO
編曲LUNA SEA

インディーズアルバム『LUNA SEA』には作詞・作曲に具体的なメンバーのクレジットがありますが、ベストアルバムに収録される際は作詞・作曲・編曲、全て『LUNA SEA』名義になっています。

『PRECIOUS…』収録アルバム

アルバム名トラック#
LUNA SEA10
PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜13
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 2)12
LUNA SEA (セルフカバー)10
LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE- (DISC 1)2

インディーズアルバム『LUNA SEA』の10曲目に収録。本作『PRECIOUS…』がアルバム『LUNA SEA』の最終トラックになります。

ベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』、『LUNA SEA COMPLETE BEST』には再録版にて収録。

復活後の2011年にはアルバム『LUNA SEA』をまるごとセルフカバーし、『LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE-』収録の『PRECIOUS…』はこちらのセルフカバー版が収録されています。

※『PRECIOUS…』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

インディーズアルバム『LUNA SEA』、ベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』、そして復活後のセルフカバーアルバム『LUNA SEA』と、3種類のスタジオ音源が存在する本作『PRECIOUS…』。

きっと、メンバーからもファンからも愛されている楽曲なんでしょうね。

インディーズアルバム『LUNA SEA』の音源は、録音環境や技術の問題か、ペラペラの音が残念ではあるのですが、楽曲の勢いはピカイチです。

“カカッテコイ!!”と煽るRYUICHIの歌う『PRECIOUS…』ですね。

ベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』は音がキレイにまとまってはいるのですが、オリジナルの勢いがダウンしている感は否めません。

復活後のセルフカバーアルバムは音の良さはもちろん、年齢を重ねたメンバーが醸し出す重厚感が半端ないです。ただ、RYUICHIの滑舌が楽曲のスピードに追い付けていないように聴こえて、ちょっと気になってしまいます…。

いや、間違いなくかっこよく生まれ変わってはいますよ、本当に。

…と、3種類の音源それぞれ個性的な仕上がりになっていて、それぞれ聴き比べてみると面白いです。

個人的には、なんだかんだでインディーズアルバム版が好きですかね。

ペラペラの音には慣れが必要ですが、これが意外と独特の軽快さを演出していて、スピード感のある『PRECIOUS…』にけっこうマッチしていると思うんです。

『PRECIOUS…』という楽曲にはギラギラした5人の演奏が映えます。

『PRECIOUS…』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/HELLO, CP ISOLATION

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/デスメンタル

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Brownie the cat -魅惑の猫ルーム-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/goodbye and good luck

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。