個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『Providence』のレビューです。

 

doll

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 Providence
演奏時間 3:08
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

本作『Providence』がアルバム『EDEN』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲になります。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 2) 9
EDEN 10

オリジナルアルバム『EDEN』の10曲目に収録。

 

レビュー

バイオリンが紡ぐメロディーが印象的な1曲、『Providence』。

バンド内にバイオリンが弾けるメンバー(SUGIZO)がいるというのは『LUNA SEA』の大きな強みですよね。

本作『Providence』のようなバイオリンの音色を前面に押し出す楽曲を製作する際にわざわざ外部から人を呼んでこなくてもバンド内で完結しますし、何と言ってもライブで再現するときもメンバーだけで演奏しきれるというのが凄いところです。そういうわけもあってか、本作『Providence』は『LUNA SEA』ライブセットリストの常連楽曲となっています。

 

また、楽曲の多様性という意味でも本作『Providence』の存在価値は大きいかと思います。

普通のロックバンドなら、ギターを置き去りにしてバイオリンメインの楽曲を世に送り出すとなると、やはり多少の抵抗がメンバー側にもリスナー側にもあるものではないでしょうか。

それが、『LUNA SEA』にはバイオリンを弾けるメンバーがバンド内にいるわけですから、本作『Providence』のような楽曲を堂々と“『LUNA SEA』の作品”として提示できるんですよね。

リスナー側もバイオリンの音色に対して”ああ、SUGIZOが弾いてるんだな”と認識できるので、間違いなく『LUNA SEA』の作品として受け入れられるはず。

 

本作『Providence』、『LUNA SEA』が単なるロックバンドではないことを非常にわかりやすく感じ取れる1曲だと思います。ぜひ、聴いてみてください。

 

『Providence』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/僕クエスト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/GROOVY TOUR

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/gravity

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/親知らず

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。