個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/本日未明

投稿日:2017年6月7日 更新日:

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!!

女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドです。現在、福岡を拠点に活動しているようですが、人気は全国区レベルと言っても過言ではありません。

 

今回は『本日未明』の個別楽曲レビューです。

 

pocket-watch

全体概要

基本情報

アーティスト ポルカドットスティングレイ
曲名 本日未明
演奏時間 4:18
作詞
作曲
編曲 ポルカドットスティングレイ

“未明”とは、文字通り”夜明け前”という意味ですが、日本の気象庁には”0時から3時頃まで”と定義があるそうです。なので、「本日未明」とは、日付の変わった直後くらいの時間帯と言えそうです。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
大正義 5

ミニアルバム『大正義』の5曲目です。CDならボーナストラックとして次曲に『夜明けのオレンジ』が収録されていますが、そうでなければこの『本日未明』が最終トラックです。

 

レビュー

『ポルカドットスティングレイ』、ボーカル雫の声や歌い方が『椎名林檎』っぽいと言われていますが、本作『本日未明』はバンド演奏を含めて『東京事変』っぽいという印象を受けました。

まず、イントロのギター。決してキャッチーとは言えないフレーズと、ちょっと変わった音色に”難しいことやってます感”を感じてしまうのが、『東京事変』を聴いたときと同じ感覚です。いや、実際難しいことしているんでしょうけども。

あと、歌メロ。サビの歌メロに『東京事変』の『群青日和』を連想しました。

『群青日和』のサビメロディーの上昇具合にちょっと似てません?両バンドの声が似ているからそう感じるだけでしょうかね。ついでに言うと、『群青日和』のサビメロディーは『The Beatles』の『I Saw Her Standing There』に似ていると常々思っています。

 

『本日未明』、特徴的なのは歌詞ですかね。『ポルカドットスティングレイ』の歌詞は”普段こんな言い回ししないでしょ”っていう表現が多く、それが個性でもあると思っていますが、『本日未明』は割とわかりやすい表現を使った歌詞になっています。こういう路線、私は好きです。

 

youtubeに上がっているトレーラーで『大正義』の全曲が少しずつ聴けます。

 

『本日未明』が収録されているアルバム『大正義』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/大正義

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holding you, and swinging

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GLAY/誘惑

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/summer FM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/峠

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。