個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Bye Bye Mr.Mug

投稿日:2017年3月15日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

 

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

 

今回は、『the brilliant green』のシングルコレクションアルバム、『complete single collection ’97-’08』の1曲目、『Bye Bye Mr.Mug』の個別楽曲レビューです。

 

mugcup

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 Bye Bye Mr.Mug
演奏時間 4:34
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green

the brilliant greenの記念すべき1stシングルです。

the brilliant greenの楽曲の多くは、作詞がボーカルの川瀬智子、作曲がベースの奥田俊作となっています。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
complete single collection ’97-’08 1

『complete single collection ’97-’08』の1曲目に収録されています。オリジナルアルバムには未収録となります。

 

レビュー

the brilliant greenの1stシングルですが、この時点ですでにUKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルというオリジナリティを確立しています!

ただ、メルヘン感は他に比べるとちょっと少なめで、アンニュイ加減についても、ぶっきらぼうなアンニュイ感です。曲名に「Bye Bye」って入ってますが、未練がましいバイバイではなく、「あっそ、じゃあね」といったクールなお別れでしょうか。

曲名といえば、「Mr. Mug」と外国人名が入っているところが、ちょっと洋楽かぶれっぽい印象を与えるかもしれません。…そんなところでthe brilliant greenを聴かず嫌いになってしまうのはもったいないですよ!

 

この『Bye Bye Mr.Mug』の聴きどころはイントロ一発目のギターです!ここに「お!」って感じれれば、何度も聴いちゃう1曲になるはずです!

 

さて、『Bye Bye Mr.Mug』、全編英語詞なのですが、残念ながら発音はお世辞にも上手いとは言えないです。。。

そこは曲のかっこよさでカバーということで…!

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

 

『Bye Bye Mr.Mug』が収録されているアルバム『complete single collection ’97-’08』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/complete single collection ’97-’08

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/a Boy〜ずっと忘れない〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Foxy Blue Love

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ドキドキ

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。