個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)

投稿日:2017年12月8日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の13曲目、『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

people

『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)
演奏時間12:53
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

初出のアルバム『SICKS』収録版は演奏終了後に無音時間と隠しトラックが収録されているため、13分弱という演奏時間になっています。

『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS13
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 2)12

オリジナルアルバム『SICKS』の13曲目に収録。本作『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』が最終トラックになります。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

※『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名から察するに、祖母の死を歌ったと思われる楽曲、『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』。

濃厚なアルバム『SICKS』の最後を飾るに相応しい名曲です。

もう、言葉一つ一つが沁みますね。

特に、「ロックンロール」に対する想いを語る部分。

「ロックンロール」に対して「希望なんかない」と形容する表現、初めて耳にしましたよ。”祖母”というキーワードとは関係なさそうですが、この部分に異様な虚しさを感じます。

なんせ、ロックンローラーがこの歌詞を書いて歌ってるわけですからね。最高ですよ。

あと、最後の連呼。ここで連呼するフレーズがこの曲『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』の真髄でしょう。

演奏時間は長めの楽曲ですが、ぜひ最後まで聴いてみてほしいです。

Amazonで試聴できます。

『人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/クリア・スカイ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holding you, and swinging

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】hide/50% & 50%

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HAPPY SWING

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。